06 10月 2021 · 0 min read

ゲームがDapps分野の成長を促進し、DeFiとNFTが遅れをとる

Source: Adobe/Parilov 

ゲーム業界がブロックチェーンを利用した分散型アプリ(dapp)分野の成長に拍車をかけており、分散型金融(DeFi)と非ファンジブルトークン(NFT)が負けていることが、新しいレポートで明らかになりました。

DappRadarは新しいレポートの中で、数ヶ月間ほぼ継続的に成長してきたDeFiに関連するユニーク・アクティブ・ウォレット(UAW)の数が、今年度第3四半期の第2四半期に比べて11%も減少したと述べています。NFT関連のUAWは、前四半期比で2%の減少となりました。

しかし、ゲームは引き続きブロックチェーン業界での利用を促進しており、「ゲームのDappsに接続する」UAWは前四半期比で140%という驚異的な伸びを示していると同社は述べています。

報告書の著者は、NFT分野では取引量が依然として増加しており、DeFiは「利用可能性が高まっている」としながらも、「両方のカテゴリーで利用が減少」し、「DeFi dappsの立ち上げが明らかに減少している」と述べています。

対照的に、ゲームベンチャーは大躍進しており、特に「Axie Infinity(AXS)」というタイトルが注目されています。

そのメーカーであるSky Mavisによると、Axie Infinityのアクティブユーザー数は「150万人を突破」し、「7億7600万米ドル以上の収益」を上げており、この数字は「Binance Smart ChainやBitcoinなどのブロックチェーン全体」を「簡単に」超えているとDappRadarは指摘しています。

取引量も同様に急上昇しました。先月、Axie Infinityの取引量が20億米ドルを突破しましたが、これは他のどのdappにも見られない偉業です。このゲームの取引量は現在、22億米ドルの大台に乗っています。

「DappRadarは、「最も近いのはCryptoPunksで、8億米ドルの差があります」と述べています。

同社は、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上に作成したRoninサイドチェーンへの移行が、Axie Infinityがより大きな成功への道を歩むのに役立っていることを示唆しました。

また、DappRadarは、ゲーム業界がなければ、NFTはさらに遅れをとっているかもしれないと示唆しているようです。

同社はこう書いています。

"NFT "は、ブロックチェーンゲームにおける主要なバックボーンの一つです。従来のゲームとは対照的に、NFTはブロックチェーンゲーマーにプレイアイテムの真の所有権を認めています。そして、NFT空間全体の基本的な部分となっています。"

報告書によると、第3四半期のゲーム内NFTアイテムの取引量は「23億米ドル」であり、これは第3四半期のNFT取引量全体の22%を占める大きな数字です。

しかし、DeFiスペースにとっては悲観的なことばかりではありませんでした。

DeFiスペースには1,780億米ドルの価値がありますが、その92%以上がわずか「6つのブロックチェーン」に「ロックイン」されています。しかし、既存のDeFi dappsは前四半期末に勢力を伸ばしたようで、それ以降、DeFiセクターのロックインの累積額は「104%増」となり、9月6日には1,950億米ドルのピークに達している。

____

もっと詳しく:
-ブロックチェーン・ゲーミングは「大量導入の鍵となるかもしれない」、DeFiやNFTを上回る
- ブロックチェーンユーザーは、Dapp Gamingに焦点を移す

-アクシー・インフィニティ、DEXニュースでパラボリックに、ステーキング実装
-アクシー・インフィニティが次々と大きな節目を迎える

Crypto-GamingはPlayfulな未来に向けて爆発している
- Justin Sun、3億米ドルのTRON Arcade FundでGameFiプロジェクトにベンチャー投資