G20財務リーダーら、暗号通貨規制ロードマップを採用した共同声明を発表

ドマップを採用した共同声明を発表

画像引用先:X/@FinMinIndia

G20財務大臣と中央銀行総裁は、モロッコのマラケシュで共同声明を行い、暗号資産の規制を目的とした包括的なロードマップを全会一致で採択したことを発表しました。

この共同声明は、インド議長国における4回目で最後のG20 FMCB会議中に出されました

このロードマップは、世界的な金融の安定を強化し、国際経済の枠組みの範囲内で仮想通貨が効果的に管理されることを保証することを目指しています。

また、合意された暗号資産ロードマップは、先月デリーで発表された総合文書に基づいており、現在正式に暗号資産に関するG20ロードマップとして認められているものの青写真として機能します。

暗号通貨ロードマップ、G20諸国の完全な合意を得る


インド財務省は、次のようにツイートしました。

“#OneEarthOneFamilyOneFutureの精神に基づき、G20メンバーによる完全な合意を受けて、本日モロッコの#マラケシュで第4回G20財務大臣・中央銀行総裁コミュニケが採択されました。”

FMCBGは共同声明の中で、暗号資産に関するG20ロードマップの迅速かつ協調的な実施を求めています。

この多面的なロードマップには、政策枠組み、G20の管轄区域を超えたアウトリーチの取り組み、世界的な調整、協力、重要な情報の共有が含まれています。

仮想通貨市場における既存のデータギャップに対処することも、このフレームワークの主な目的です。

この協調的な取り組みは、包括的な暗号資産政策枠組みの効果的かつ柔軟な実施を促進しながら、マクロ経済と金融の安定を支えることが想定されています。

暗号資産ロードマップ、明確な税務上の取り扱いが要求される


プレスノートによると、FMCBG声明は、G20ニューデリー首脳宣言に沿って、暗号資産に対する明確な税務処理の必要性を強調しています。

報告書では、各国に対して通貨主権を守るよう勧告しており、完全な禁止は単純な解決策ではないことを強調しています。

また、一時的な制限は、暗号資産によってもたらされる課題に対処する上で、依然として基礎となる強力なマクロ経済政策に取って代わるものではないことが求められています。

さらに、財務大臣と中央銀行総裁の声明は、国際通貨基金と金融安定理事会に対して暗号資産に関するG20ロードマップの進捗状況について、定期的かつ構造化された最新情報を提供するよう求めています。