釜山市、今後の釜山デジタル資産取引所の運営者を募集

Yamada
| 1 min read

釜山市、今後の釜山デジタル資産取引所

画像引用先:Pexels

韓国の釜山市が正式に、今後開設予定の「釜山デジタル資産取引所」の運営者を募集していることが明らかになりました。

MarsBitニュースによって報じられた釜山市による告知によれば、釜山デジタル資産取引所の運営者選定プロセスが現在進行中です。

釜山デジタル資産取引所、来月の運営会社を設立


選定プロセスは、来月運営者選定の結果を発表する予定の「釜山デジタル資産取引所推進グループ」によって監督されています。

そして、この決定は、釜山市政府によって提出された書類の厳密なレビューとデモンストレーション評価に基づいています。

運営者が正式に選ばれると、デジタル資産取引所の設立と運営のプロセスは加速する見込みであり、取引所は今年中に完全に稼働すると予想されています。このイニシアティブの興味深い側面は、デジタル資産取引所プロジェクトが完全に民間投資を通じて推進されている点です。

そのため、この事業に参加する事業運営者は、インフラを設立し運営を維持するために必要な財政投資だけでなく、企業における所有権も保持します。

将来のプロジェクトの性質と内容に応じて、この初期の産業の成長を促進するために釜山市からの行政支援が拡大される可能性があることは注目に値するでしょう。

釜山、2026年までにブロックチェーンのハブになることを目指す


興味を持つ事業運営者は、指定された月の28日までにビジネスプロポーザルを提出する必要があります。

また、この取り組みに参加を希望する者は、デジタル資産取引所の設立に関する包括的な計画や、その将来の発展に向けた提案されたタイムラインを含む関連資料にアクセスできます。

このイニシアティブは、釜山市の広範な変革プロジェクトの一部であり、その主要な目標は、市を2026年までにブロックチェーンベースのハブに進化させることです。

そして、最終的な目的は、釜山をブロックチェーン産業およびエコシステムでの先駆者として位置づけることです。

ブロックチェーン自由監視区域としての役割を果たしている韓国の都市は、最近、プロジェクトの完了に伴い釜山デジタル資産交換設立推進委員会を解散しました。