16 5月 2022 · 0 min read

FTXのバンクマンフリード、ビットコインをめぐる誤解を告発 FTは言葉を「選択的に」選ぶと指摘

FTX founder and CEO Sam Bankman-Fried. Source: A video screenshot, Youtube/HBO

 

大手暗号取引所FTXのCEO兼創業者で、ソラナ(SOL)の投資家であるサム・バンクマン=フリード氏は、ビットコイン(BTC)をバッシングしながら重要な事実を省略し、国民をミスリードしたとして非難された。CEOは、彼の引用が、ビットコインと暗号資産に対する懐疑論で知られる主流メディアによって「非常に選択的に」選択されたと主張しています。

Financial Times (FT)とのインタビューで、Bankman-Fried氏は、Bitcoinを動かすプルーフ・オブ・ワーク(PoW)合意メカニズムは、数百万のトランザクションをサポートするために拡張することができず、したがって主要な暗号通貨を非効率な支払手段にしていると述べました

「ビットコインネットワークは決済ネットワークではなく、スケーリングネットワークでもない」と、「Bitcoin has no future as a payments network, says FTX chief」と題された記事の中で、彼はこのように述べたと引用されています。

また同CEOは、今年複数回の停止に見舞われたソラナなどのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)搭載ブロックチェーンを宣伝し、これらのネットワークは「極めて効率的で軽量、エネルギーコストも低くなる」と述べています。

とはいえ、バンクマン=フリード氏は、ビットコインにはまだ、金と同様の「資産、商品、価値の貯蔵物」としての未来があると述べています。

そして、CEOは技術的には正しいかもしれませんが、これらの発言は暗号資産コミュニティの一部には驚きで、ビットコインは決済ネットワークとして、ビットコインの取引をより速く、より安くするために設計されたレイヤー2(L2)ソリューション、急成長中のライトニングネットワーク(LN)を使用していると指摘したのです。イーサリアム(ETH)など競合するブロックチェーンもL2スケーリングソリューションを利用しています。

また、Bankman-Fried氏のコメントはLightning Networkに言及していないことから「誤解を招く」とし、同氏が多額の投資をしているネットワークであるSolanaを宣伝しようとしているのではないかと推測する人もいました。

しかし、暗号資産億万長者はその後、FTが彼の「言葉を非常に選択的に選んだ」と述べ、「BTCはlightning/L2/などで(提供)できる 」と認めています。

一方、2021年末、CEOが「デジタル資産と金融の未来」で証言した際、米国における金融イノベーションの課題とメリットを理解する公聴会では、PoWに対するPoSのメリットも強調し、前者を「低コストで炭素効率の高い」選択肢と呼びました。

以前、Bankman-Fried氏は、多くのユーザーとトランザクションをサポートでき、大量導入に対応できるため、分散型のEthereumよりも集中型のSolanaの方が優れているとも主張しています
___
リアクション:
 

____
詳しくはこちら: 
- Lightning Network Adoption at Exchanges is Growing: This is Why It’s Good for Bitcoin
- Major Bitcoin & Crypto Companies Warn of 'Extreme' Risk in Proof-of-Stake Systems

- Ripple’s Exec Campaign Has ‘Zero Chance’ of Forcing Bitcoin to Proof-of-Stake, But Brace for More Attacks
- ‘PoS Fanatics Attacking PoW are Actual Supervillains’, Kraken’s Powell Says as US Politicians Charge