楽園から法廷へ:Sam Bankman-Fried氏のバハマの3,500万ドル不動産

sam-bankman-fried

画像引用先: a video screenshot, Forbes/YouTube

11ヶ月前に彼の暗号通貨帝国が崩壊する前に、不名誉なFTXのボス、Sam Bankman-Fried氏(SBF)は、9人の親しい友人、共犯者、および同僚エグゼクティブと共に、豪華なバハマの不動産に住んでいました。

これらのエグゼクティブの中には、FTXの共同創設者Gary Wang氏やSBFの元ガールフレンドであるCaroline Ellison氏も含まれており、彼は彼女をFTXの姉妹ヘッジファンドであるAlameda Researchのリーダーに任命しました。今日、これらの同じ二人のエグゼクティブは、自分たち自身の詐欺行為に対して有罪を認めて、Bankman-Fried氏に対して法廷で証言しています。

この元億万長者の裁判の最初の一週間で、検察官はグループが豪華な11,500平方フィートの家をどのようにして支払ったかを詳細に調査。

政府の弁護士は、「Orchid」と呼ばれるコンドミニアムのペントハウスの一連の写真を提示しました。これは、同僚たちが大西洋を一望する場所に住んでいるもので、Orchidは600エーカーのAlbanyリゾートの中でも最高級のものと見なされており、Tiger Woods氏やJustin Timberlake氏など多くの裕福なセレブリティからのバッキングを受けています。

シニアFTX開発者Adam Yedidia氏の証言では、Alamedaが3500万ドルのペントハウスを購入したと言いました。政府は証拠としてBankman-Fried氏からのテキストの交換を含め、彼が「基本的には最終的にAlamedaがそれを支払っていると仮定していた」と認めました。

Michael Lewis氏は、Bankman-Fried氏に関する彼の新しい本「Going Infinite: The Rise and Fall of a New Tycoon」の抜粋で、ペントハウスの魅力を描いています。そして、彼は以下のように記述しています:

「夜になるとそのペントハウスは紫色に光り輝き、紫の光がそれを魅惑的に見せ、羨望されることに慣れている者からも羨望の的となっていました。」

Alamedaの多額の負債


Yedidia氏は、彼とBankman-Fried氏がリゾートの外、6つのスタジアム照明付きパデルコートの近くで、後者がFTXのビジネスに関する懸念について話し合ったことを述べました。また、同氏は2022年の夏にAlamedaがFTXに対して80億ドルの借金を抱えていることを発見し、これはFTXが昨年最終的に崩壊した際の顧客預金の不足分と一致していたと言います。

「なぜなら、彼らがFTXの顧客のお金を使った場合、顧客が引き出しをする際にFTXの顧客に渡すためのお金は存在しないからです」とYedidia氏は証言。

Yedidia氏は、他の開発者から取引所がAlamedaの債権者に返済するために顧客の預金を使ったと聞かされた後、FTXが破産を申請する1日前にFTXを辞任したと述べました。火曜日のEllison氏の証言によれば、AlamedaはBankman-Fried氏の指示により、FTXの顧客から100億ドル以上を債権者に返済するために引き出していたとのことです。