フランスの規制当局はDeFi公開協議を終了、エコシステムを“中抜き”とみなす

Yamada
| 2 min read

 

フランスの規制当局はDeFi公開協議を終了、エコシステムを“中抜き”とみなす

画像引用先:AdobeStock/MarinadeArt

フランス中央銀行内の組織であるAutorité de Contrôle Prudentiel et de Résolution(ACPR)は、分散型金融(DeFi)に関する公開協議の概要を発表しました。

10月12日にリリースされたこの文書は、web3のステークホルダーによって指摘されたリスクのあるエリアに対処するため、セクター内での規制に向けた主要な道のりを概説しています。そして、これはファイナンスの形を変える試みとしています。

web3の現代的な問題に対処することを目指して、規制当局は2ヶ月間(4月 – 5月)の公開協議を実施し、フランス、ヨーロッパ、および他の大陸の市場参加者からの意見と見解を記録しました。

“この公開協議により、受け取った寄稿の数、多様性、および深さのおかげで、このエコシステムをより深く理解することができました。これにより、ACPRによって概説された規制の進路がさらに関連性を持ち、私たちにはヨーロッパレベルでの今後の規制に関する議論に意見を述べる機会を提供してくれるでしょう。”

DeFiはそれほど分散化されていない


機関による主要な明らかにされた情報は、ブロックチェーンメカニズムの根底に達し、この機関は、クラウドサービスプロバイダーが中心的な役割を果たしているインフラストラクチャの高い集中に起因する運用リスクを挙げています。

また、ほとんどのDeFiプロジェクトの中央集権的なコンポーネントの頻度が、それを分散型というよりは非仲介型にしているとも結論づけています。

「同様に、公開協議の参加者は、DeFiプロトコルの運用方法における中央集権の要素の構造的な存続を強調しています。したがって、ACPRは、“分散型”ファイナンスという言葉よりも、“非仲介型”ファイナンスという言葉がより適切であると信じています。」

規制への新たな道筋


世界中の当局がこの分野の規制強化を積極的に進める中で、ヨーロッパの規制当局は、自国を暗号資産市場(MiCA)規制に沿ったものにするための具体的な計画を立てています。

フランス当局は、広範なセクターにおける規制を形成するためのガイドラインを公表しました。リストのトップには、すべてのプロジェクトのインフラストラクチャを信頼性のあるものにし、予期せぬ失敗を回避するためのブロックチェーンアーキテクチャが位置します。

次に、規制当局はMiCAとの適合性を持ったスマートコントラクトの展開と運用のためのルールを描き出し、DeFiプロダクトを利用するユーザーを保護するためにプラットフォームのガバナンスパターンを定義。

リリースによれば、参加者の大多数は、DeFiトランザクションは透明性を保ち、中央集権を避けるために、許可されたものではなく公共のブロックチェーン上に残るべきだとの意見を述べています。

公共のブロックチェーンが推奨されている一方で、彼らは規制当局に、すべてのネットワークにわたる頻繁な監査を実施し、セキュリティ対策を強化するためのオペレーションにアクセスするよう求めています。

さらに、関係者は、スマートコントラクトを認証し、仲介者とユーザーインターフェースの規制を進めるべきだと合意しています。

10月12日には、ヨーロッパ証券市場機関(ESMA)がDeFiの動向と可能なリスクに関する分析をリリースし、金融におけるその改善を称賛し、より広範な規制を求めています。