日本の元規制当局長。デジタル元号の進展は「無視できない

Tim Alper
| 1 min read

日本の金融・暗号の最高規制機関である金融庁の前長官である遠藤俊英氏は、来るべきデジタル人民元が、「先進国」が自国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトを展開するスピードに「大きな影響」を与えると主張しています。

出典: Adobe/S.Gvozd

今年3月に日本の暗号取引所であるDeCurretに特別顧問として参加した遠藤氏は、中国がトークンをデビューさせれば「巨大な社会インフラで武装することになる」とロイターに語っています。北京では、来年2月に北京で開催される冬季オリンピックに合わせて、あるいはそれに先立って、展開することを意図しているという。

ソニーの顧問でもある遠藤はこう語っている:

“他の国にとっては無視できない動きになるだろう。日本をはじめとする先進国は、どれだけ早く追随するかという難しい問題に直面することになるだろう。”

日本の中央銀行は、EU、ロシア、韓国の中央銀行と同様に、まだ独自のパイロットを立ち上げておらず、発行を確約することを避けています。日本の中央銀行も欧州連合(EU)、ロシア、韓国の中央銀行と同様に、まだ試験的な発行を行っていない。

現在、中国のデジタル人民元は、多くの民間企業に加えて、全国の大手銀行にも導入されています。少なくとも4つの銀行がデジタル人民元ウォレットを開発し、さらに別の銀行がスマートフォンを使わないオフラインのソリューションを試験的に導入しています。

一方、シンガポールの中央銀行であり、金融規制当局でもあるシンガポール金融管理局(MAS)は、民間企業を巻き込んだリテールCBDCソリューションという斬新なアプローチを開始しました。

MASの公式発表によると、最終選考に残った15社のフィンテック企業は、「業界の専門家から指導を受ける」とともに、「デジタル通貨ソリューションの迅速なプロトタイピング」のために、API取引所のAPIXデジタル通貨サンドボックスへのアクセス権が与えられます。

また、3名の受賞者には、3万7,000米ドル相当の賞金が授与されます。

____
もっと詳しく:
中央銀行、CBDC計画に伴い、ビットコインとステーブルコインのバッシングを強化
北京は620万米ドルのデジタル人民元のトライアルを準備、ライバルはビットコインと主張
デジタル人民元は国際的な舞台には向いていない、と専門家は言う
デジタル人民元は世界の安定を脅かすか?