Celsius社の元CEOAlex Mashinsky氏の刑事裁判、2024年9月に予定

mashinsky-3

画像引用先:a video screenshot, Youtube, Nasdaq

元Celsius Network社のCEOであるAlex Mashinsky氏は、2024年9月17日から刑事裁判を控えています。

裁判のスケジュールは、John Koeltl裁判官が指揮を執るニューヨーク南部連邦地方裁判所で10月3日に開かれた公聴会で確認されました。

裁判に先立ち、3月、7月、および9月に3回の事前審問会議が行われる予定です。

Mashinsky氏、4,000万ドルの保釈金で釈放される


7月に逮捕されたMashinsky氏は、4,000万ドルの保釈金で自由の身となりますが、彼の旅行や一部の金融取引は大幅に制限されています。

Mashinsky氏が法的に問題を抱えているのは、Celsius社の投資家を欺いて何十億ドルもの資金をプラットフォームのユーザーから詐取したという告発があったためです。これらの告発を受け、当局は彼の資産(銀行口座や財産を含む)を多く凍結。それは9月に行われました。

Celsius Network社の元最高収益責任者(CRO)、Roni Cohen-Pavon氏は、この事件に関連して4つの刑事告発を受けて既に有罪を認めています。彼は現在保釈中で、Mashinsky氏の裁判で証言することができます。これは、進行中の法的手続きにおいて重要な展開となるでしょう。

Celsius社、7月に破産申請


これらの法的措置は、Celsius Network社が2022年7月に破産を申請し、Mashinsky氏が2022年9月にCEOを辞任したことを受けて行われています。

米国商品先物取引委員会、証券取引委員会、連邦取引委員会などの政府機関は、Celsius Network社とMashinsky氏の両方に対して訴訟を起こしています。

現在、Celsius社の債権者は、破産裁判所による再構築提案に基づいて資産を取り戻すための最終的な裁判所の承認を待っています。

Mashinsky氏の裁判に関する動向は、暗号通貨業界およびそれを超えた高額訴訟を含む広がりを持つ法的環境の一部です。

FTX社の元CEO、Sam Bankman-Fried氏の裁判が陪審員の選出と共に開始されており、元米国大統領Donald Trump氏は、彼のビジネス慣行に関連した民事詐欺訴訟を受けています。