FLOWがGoogle CloudとDapper Labsのパートナーシップで急成長 ニュース

Source: iStock/JasonDoiy

巨大なGoogleのプラットフォーム「Google Cloud」が、「Cryptokitties」や「NBA Top Shot」といった超人気の非ファンジブル・トークンを開発したDapper Labsと提携した。

この提携は、Dapper社のブロックチェーン「Flow(FLOW)」をサポートし、スケールさせるために行われたと、Forbesは報じています。

時価総額で85位のFLOWは、発表後に急騰し、24米ドルを超えた後、再び23米ドル以下に修正されました。14時42分(UTC)には22.71米ドルで取引されており、1日で20%上昇し、1週間の損失を12%にまで縮小しています。

同レポートによると、今回の提携は複数年にわたるもので、その間、Google Cloudはネットワークオペレーターとしての役割を果たし、インフラを提供してFlowの拡張を支援します。    

Flowは現在、人気の高いNFTコレクションなど、数多くのアプリケーションをサポートしています。しかし、今回の契約により、「Flowをベースに開発している2,000人以上の開発者が、Googleの一連のクラウドサービスを通じて、より低いレイテンシーでFlowのアクセスノードに接続できるようになる」とのことです。

この新しいブロックチェーンベースの実装は、Amazon Web Servicesが提供する集中型サーバーとは対照的に、世界中のさまざまな種類のコンピューターのネットワークで実行されます。

報告書によると、ウェブ3.0への移行期において、グーグルは、開発者にとって使いやすい代替サービスとしてのブランドを確立することで、アマゾンの弱みを握ろうとしています。

Googleのクラウドサービスは、暗号通貨のマイニングを提供していませんが、Google Cloud North Americaのバイスプレジデントであるジャネット・ケネディは、開発者は、地域のエネルギー消費量に基づいて、プラットフォームに電力を供給する地域を選択できるようになると述べています。

2019年9月、Dapper Labsは2020年に向けて、「ゲームやデジタル収集品などの消費者向けアプリケーションにおけるブロックチェーンのスケーラビリティの問題に対する解決策として」、大規模な分散型アプリケーションを可能にすることを意味する「Flow」を発表しました。

同日発表された戦略的投資を通じてワーナーミュージックが提携したほか、Dapper Labsは、「Far Cry」「Just Dance」「Assassin's Creed」などのゲーム開発で知られるUbisoftと提携し、Flowのアドバイザーを務めることを発表しました。

Flowはさらに強化され、ゲーム開発会社でありパブリッシャーでもあるAnimoca Brandsが、ブロックチェーン上に構築する最初のゲーム会社の1つとなりました。

DappRadarによると、NBA Top Shotは上場しているマーケットプレイスの中で8位にランクインしており、7日間の出来高は約24%減の301万米ドルとなっています。先行するのはFoundationで303万米ドル(30%減)、続くのはAtomicMarketで247万米ドル(19%減)となっています。

また、「NBA Top Shot」は、過去1週間で35,561人のトレーダー、112,891人のセールスを記録しています。

その24hボリュームは343,340米ドルで、記事執筆時点では15%増加しており、同時に16,000以上の取引が行われました。

Flowプロジェクトでは、「NBA Top Shot」が1位となっています。

ゲーム部門では、「CryptoKitties」が現在83位にランクインしており、過去24時間のユーザー数は110人、取引件数は254件で、それぞれ31%、35%増加しています。この期間の取引量は6,380米ドルで、76%以上の減少となりました。

過去1週間では、565人のユーザー(37%減)、1,570件の取引(38%減)、164,310米ドルの取引量(98%減)となっています。
もっと詳しく:
- 遊びの未来に向けて爆発するクリプトゲーミング 
- 今月のNFT市場の売上高、利息は減少した