10 6月 2022 · 0 min read

Mimblewimbleのアップグレードに伴い、韓国の暗号取引所5社がライトコインを上場廃止へ

出典: AdobeStock / Tim

 

開発者がMimblewimble Extension Blockプロトコルをロールアウトした後、韓国の認可されたフィアット取引の暗号取引所の5つすべてが、ライトコイン(LTC)を上場廃止すると発表しました。

Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit、Gopaxの5つの取引所は、すべて「一度に」LTCの上場廃止を発表したとNews1が報じました。これは、韓国の暗号業界では初めてのことです。

ライバルと同じような文言のUpbitの発表では、取引所の取引サポートは6月20日に終了し、7月20日まで引き出しが可能だと説明されました。CoinGeckoのデータによると、過去24時間で、UpbitはLTC取引量の約11%(5500万米ドル)を担っていました。

その結果、国内のライトコインのフィアットKRWでの取引は、実質的に数日以内に「ブロック」されるとNews1は指摘しています。FoblegateCoredaxなど、まだKRW市場の営業許可を得ていない取引所でも、ライトコインの取引ページに特別な警告表示を掲載しています。同メディアは、これらのプラットフォームも 「すぐに上場廃止の決断をする見込み」と述べています。

9:57 USD時にLTCは62米ドルで取引され、本日未明に到達した65米ドルから下落しています。この価格は1日でほぼ横ばい、1週間で9%、1カ月で34%下落しています。

先月、LTCのノードオペレーターは、ライトコインネットワークのユーザーが取引を秘密にするかどうかを選択できるプロトコルを展開することに賛成票を投じました。このアップグレードでは、圧縮技術を使ってネットワークのブロックから不要な取引データを削除することもできます。

しかし、モネロ(XMR)Zcash(ZEC)といった「プライバシーコイン」がすでに上場廃止になっている韓国では、このプロトコルのプライバシー強化は法的にも不安な領域に入っています。韓国の法律では、取引所がこのようなトークンを上場することを禁じており、マネーロンダリングに抵触する可能性がないか、すべての取引を審査するよう主張しています。

また、Mimblewimbleのアップデートはプライバシーだけでなく、ブロックサイズを小さくしてスピードとスケーラビリティを向上させることに焦点を当てているが、取引所は当局と揉め事を起こしたくないという思いが強いようです。そのため、上場廃止に向けた迅速かつ協調的な取り組みは、ある種の融和的な動きであるように見受けられます。

先月、テラ・エコシステムのクラッシュとそれに続く韓国での論争を受け、5つの取引所すべてが、LUNACの上場廃止に関して、なぜ互いに連絡を取らなかったのかを説明するために国会議員に喚問されました。これに対して各取引所は、共同で上場廃止協議会を立ち上げると主張し、現在その最初の犠牲者であるライトコインを要求しているようです。


____
詳しくはこちら: 
- Litecoin Releases its Much-Anticipated Fungibility and Scalability Update
- ZEC Stays Flat Despite Major Zcash Update That Boosts Privacy

- CBDCs Are Likely to Make You Less Anonymous
- Monero Usage in Ransomware Payments Rises while Bitcoin Accepted With Premium