金融規制当局: 南アフリカの仮想通貨取引所は年末までに認可されなければならない

南アフリカの国旗

出典:Pixabay

南アフリカの金融セクター行動機構(FSCA)は、2023年末までにすべての仮想通貨取引所が登録し、運営ライセンスを取得するよう義務付けています。

規制当局によれば、このガイドラインに従わず、無許可で営業を続ける企業は、営業停止や罰金の可能性があります。

FSCAには、ライセンス登録開始から2週間で約20件の申請がありました。

FSCAが顧客保護のため新しい仮想通貨取引所ライセンスガイドラインを導入


Kamlana氏はプレトリアでのインタビューで、暗号商品を使用する場合、金融顧客に深刻な損害を与える可能性があるため、規制の枠組みを導入することは理にかなっていると述べました

Time will tell the effectiveness of our measures, and we will continue to work with the industry to refine and make changes where and if necessary, he added.(「私たちの施策が有効かどうかは時間が解決してくれるでしょうし、私たちは業界と協力しながら、必要であれば、改良し、変更を加えていくつもりです」と付け加えました。)

南アフリカは、仮想通貨取引所のライセンス確保を義務付けたアフリカ初の国となりました。アフリカのトップ取引プラットフォームのほとんどは南アフリカから生まれました。Digital Currency Groupの子会社LunoやPanteraが支援するVALRなどがそうです。

バイナンスのような他のグローバルな仮想通貨取引所は南アフリカに支店があり、今後はライセンスが必要になります。

Lunoの南アフリカ部門のマネージャーであるクChristo de Wit氏によると、同社はライセンス申請書を提出し、FSCAからのフィードバックを待っているといいます。

仮想通貨取引所に対する厳しい審査


世界中の政策立案者や規制当局が、仮想通貨業界に対する支配を強化する動きを見せています。

仮想通貨取引所に対する厳格な規則と包括的な監視の必要性は、FTXが仮想通貨取引所全体に引き起こした騒乱の後に加速しました。

世界のいくつかの規制当局は、仮想通貨市場を管理するルールを導入しています。例えば、EUの議員たちは5月、仮想通貨業界に特化した地域初の包括的な規則である暗号資産市場(MiCA)体制を採択しました。

また先月、香港は仮想通貨取引所のライセンスに関する新しいガイドラインを導入しました。

南アフリカの規制当局が悪徳業者を排除するため仮想通貨の透明性向上を求める


さらに言えば、南アフリカの仮想通貨業界における詐欺の蔓延は、規制当局が投資家を保護するための措置を導入することを促しました。

南アフリカは、何十億ドルもの投資家の資金を消し去った世界最大の仮想通貨詐欺のほとんどに関わっています。

Cajee兄弟が所有するプラットフォーム、Africryptから2021年に7万ビットコインが失われました

Africrypt事件は、世界最大の仮想通貨強盗のひとつです。もう一つのケーススタディは、ユーザーが数十億ドルのビットコインを失った詐欺的マルチレベル・マーケティング・スキームであるMirror Trading International Proprietaryです。

これらの事件の後、FSCAは仮想通貨とフィンテック規制に注力し始めました。規制当局は、南アフリカの金融セクターのトップ規制当局や政策立案者を含む「政府間フィンテック作業グループ」と協力しました。

国庫や南アフリカ準備銀行などを含みます。

一方、南アフリカの金融機関は、関連するリスクのため、仮想通貨プラットフォームにはサービスを提供していません。

しかし、中央銀行は仮想通貨セクターの透明性を高めるため、その姿勢を再考するよう指示しました。

Kamlana氏によれば、銀行のように厳しく規制された組織によって管理されている正式なセクターであれば、透明性はより高くなります。