31 3月 2022 · 0 min read

金融市場はビットコイン担保債の準備が整っていない - MicroStrategy CEO

Michael Saylor. Source: UpOnly / YouTube

 

企業向けソフトウェア会社MicroStrategyのマイケル・セイラーCEOによると、世界の金融市場はまだビットコイン(BTC)を裏付けとする債券の準備ができていないといいます。しかし、エルサルバドルが計画している「火山債」は、それとは異なるものになるかもしれません。

「私は、人々が最終的に住宅ローン担保証券のようにビットコイン担保債券を販売する日を見たい」と、セイラー氏はブルームバーグのインタビューで述べ、一方で、市場が「今はまだその準備ができていない」と感じていると付け加えました。

セイラーからのコメントは、彼の会社がさらに多くのビットコインを購入する目的で、MicroStrategyの準備金のビットコインを担保に暗号資産に優しい銀行Silvergateからのローンを確保した直後に来ました。

火曜日のインタビューで、Saylor氏は、このローンをビットコイン担保債券の「次善の策」と呼んでいます。

この融資による資本で、「ビットコインを効果的に生産的な担保に変え、ビジネス戦略に対してさらに実行できるようになった」と、マイケル・セイラー氏は新たな融資が発表された際に述べています。

世界最大のビットコイン強気派の1人として知られるセイラー氏はインタビューの中で、市場はビットコイン担保社債の準備ができていないが、エルサルバドルが計画した「火山債」のようなビットコイン債はまだ実現可能であると説明しました。

「エルサルバドル・ビットコイン債の話題は尽きませんね。これは、純粋なビットコイン-財務省のプレーとは対照的に、ハイブリッドなソブリン債務商品です。それは独自の信用リスクを持っており、ビットコインのリスク自体とは全く関係がありません。」とSaylor氏は述べました。

エルサルバドルは先週、ビットコイン債の発行が今年後半にずれ込む可能性が高いと述べ、アレハンドロ・ゼラヤ財務相は、今のところ市場の状況は不利であるとほのめかし、次のように述べた。「適切なタイミングを待っている。」

一方、世界最大級のビットコインを保有するセイラー氏によると、マイクロストラテジーは当初、シルバーゲートからのビットコイン担保融資に行き着く前に、他の資金調達方法を検討したそうです。

他の選択肢としては、分散型金融(DeFi)の世界での機会や、コインの一部を貸し出すことなどがあったとSaylor氏は言います。

セイラー氏は「(中略)レバレッジは今、世界中のあらゆる企業が十分に利用できる」と述べるとともに、自治体でもこの機会を利用できることを示唆しました。

「ニューヨークは20億ドルの負債を発行し、20億ドル相当のビットコインを買うことができる。ビットコインは50%以上の利回りで、負債のコストは2%以下だ」と彼は言いました。

____

詳しくはこちら:
- MicroStrategy Leverages Bitcoin Holding to Buy Even More BTC
- MicroStrategy Begins 2022 by Spending USD 25M on Bitcoin

- MicroStrategy is Only HODLing Bitcoin, Says the CEO
- Bitcoin is Digital Property, Ethereum is Digital Security - Argues Michael Saylor

- Bitfinex Says Customers Ready to Splurge USD 0.5B on El Salvador’s Bitcoin Bonds
- Bitcoin Royalty Flock to Bukele’s Court as President Talks of ‘Short Delay’ to BTC Bonds