FidelityがBlackRockに続き、現物Ethereum ETFを申請 – Ether(ETH)の次の行方は?

Yamada
| 2 min read

FidelityがBlackRockに続き、現物Ethereum ETFを

画像引用先:Adobe

資産運用大手のFidelityは、シカゴ・オプション取引所(CBOE)に19b-4を提出し、Fidelity Ethereum Trustという現物Ethereum取引所トレードファンド(ETF)を設立しました。これは、BlackRockが自身の現物Ethereum ETFであるiShares Ethereum Trustを設立するための申請を行った翌日のことです。

現物Ethereum ETFを投資家に提供しようとする最新の動きは、主要な資産運用会社が仮想通貨には明るい未来があるという賭けを倍増させ、彼らが提案する新しい仮想通貨投資商品が米国で迅速に承認を得ることになります。

これらの資産管理会社に加え、他の十数社が6月に現物Bitcoin ETFの設立を申請しており、多くのアナリストはこれらの申請が早ければ1月にも承認されると予想しています。

Fidelityは4.5兆ドル以上の投資家資金を管理しており、一方BlackRockは8兆ドル以上を管理しており、世界最大の資産管理会社です。

Ethereumネットワークを動かす仮想通貨の公式名称であるEther(ETH)は、Fidelityの承認のニュースによってほとんど動じませんでした。

ETHは最後に1,950ドルを少し超えたところで推移しており、最近仮想通貨が年初来高値である2,100ドル台を突破できなかったことを受けてトレーダーらが利益確定する中、今週は4%以上下落しました。

Ether(ETH)の次の行方は?


ETHは最近の反落にもかかわらず、10月の安値から見て印象的な28%上昇しています。

この仮想通貨は、1)短期的な現物Bitcoin ETFが期待されるとの楽観的な見方、2)投資家がFedの引き締めサイクルが終了したことに賭けており、今月米国株が上昇し、米国債利回りとドルが下落したことによるマクロ背景の改善、によって引き起こされた広範な市場上昇の恩恵を受けています。これにより、米国の株がラリーし、米国の債券利回りとドルが今月急落しています。

さらに最近では、大手資産運用会社が独自の現物Ethereum ETFを設立しようとしているというニュースがETHを下支えしています。

しかし、このニュースが市場を持続的に押し上げる結果にはなっていません。

実際、10月中旬以降のEtherの28%の利益は、同じ期間にBitcoinが45%上昇したことと比較すると見劣りします。

Glassnodeによって提示されたデータが示すように、オンチェーン活動の最近の改善によりEther供給が再びデフレーションに転じたにもかかわらず、Etherの継続的なアンダーパフォーマンスは理解しにくいものがあります。

Ether(ETH)の次の行方は

画像引用先:Glassnode

投資家たちは、最近アメリカで立ち上げられたEther先物ETFが引きつけた貧弱な需要を懸念しており、これが現物Ethereum ETFに対する需要の低迷に繋がるかもしれないと考えている可能性があります。

しかし、市場全体の見通しが上向きであり、Etherのチャート分析が強気を示しているため、Ether価格のリスクは強く上向きに傾いている可能性が高いです。

Ether(ETH)の次の行方

もしEtherが極めて重要なサポートからレジスタンスに転じた2,150ドルエリアを北向きに突破することができれば、技術的には次の主要なレベルである3,600ドル付近への急速なラリーへの扉が開かれることになります。

現物ETF、強気なマクロ経済の背景、およびEtherのデフレーションに関する物語は、今後数ヶ月で仮想通貨にさらなる支持を提供する可能性があります。

そして、米国の長期国債利回りがEtherトークンのステーキングのリターン(現在約4%)を下回れば、Fedが利下げを始めればその可能性が非常に高く、Etherは再び強気の物語(つまり、利回り追求)を得るかもしれません。