FRB当局者Michael Barr氏、ステーブルコイン規制を求める

FRB当局者Michael Barr氏

画像引用先:YouTube/FederalReserveBoston

米国の規制当局は、一般にステーブルコインとして知られる法定通貨に裏付けされたデジタル資産について、ついに議論を始めています。

連邦準備制度理事会の監督担当副議長であるMichael Barr氏によれば、ステーブルコインも政府の監督下に置かれるべきだということが極めて重要です。

彼はワシントンDCで開催された会議で、ステーブルコインが任意の政府が発行した通貨に連動する能力を持つことは、それをプライベートマネーにすると明確に述べました。

さらに、これらのデジタル化された法定通貨は、支払い手段および価値保存手段として機能し、それは中央銀行の信頼を借りているという意味です。

Biden氏によって連邦準備制度のトップ銀行警官に任命されたBarr氏は、これらの強力な指標を考慮に入れ、ステーブルコインは規制されるべきだと主張しています。

彼の立場をさらに詳しく述べると、ステーブルコインが金融の安定性や支払いシステムの完全性にリスクをもたらさないように、適切な堅実な金融フレームワークの対象となるべきだと指摘しています。

“私たちはまた、監督下にある銀行に対して、これらの製品の使用を検討する際にどのように監督者と関わるべきかについて、適切なガイダンスを提供しています”とBarr氏は付け加えました。

Barr氏の発言は、米国の規制当局の間で暗号資産スペースにしっかりとした管理が必要であるという増加する信念と関連しています。

近年、急速に成長している分散型経済に対する適切な監督の要求がワシントンDCで高まっています。しかし、ステーブルコインは最も考慮されていない部分です。

今年に入ってから、連邦準備制度は、米国の中央銀行に相当する組織として、プライベートに管理されたデジタル化された主権通貨が経済に与える可能性のある影響について、より一層ざっくりとした調査を行っています。

その目的で、連邦準備制度は今年の8月に、暗号資産とステーブルコインに特に対象を絞った新しいガードレールのセットを導入しました。

その一連のルールにおいて、連邦準備制度は新たなプログラム、コードネーム「SR 23-7」を発表しました。これは新規活動監督プログラムのためのものです。

この新しい設定において、連邦準備制度は、その監督下にある銀行機関が利用する新技術の監督を強化することを目指していると述べました。

これらの新技術は、暗号資産、ブロックチェーン技術、および非銀行エンティティとの複雑で技術駆動型のパートナーシップを対象としており、これにより顧客に金融サービスが提供されます。

中央銀行はSR 23-7プログラムの目的について、それがリスクに焦点を当て、既存の銀行活動を規制するために設計された監督ガイドラインを補完するものであると具体的に指摘しました。

関連するプレスリリースにおいて、連邦準備制度は銀行がステーブルコイン活動に参加することを妨げられるわけではないと述べました。

ただし、開始する前に、最後の貸し手である国が適切な安全対策が施されていることを証明する必要があります。

CBDCの決定はまだ下されていない


監督担当の副議長であるBarr氏は、彼の演説で中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対する長い探求にも触れました。

彼は、中央銀行が現在、主権を裏付けるデジタル通貨をサポートする最も堅牢で適切な新興技術について、幅広い専門家と協議していると述べました。

この研究は、CBDCに対するエンドツーエンドのシステムアーキテクチャ、セキュリティ、検証、およびトークン化モデルに焦点を当てています。ただし、CBDCを発行するべきかどうかについての満場一致の決定はまだなされていないと彼は述べました。

しかし、連邦公式者は、最終的な決定は米国議会とホワイトハウスに委ねられるとも述べました。

米国はCBDCプログラムを始めることに消極的である一方、そのヨーロッパの対応者はデジタルユーロの計画で全力を挙げています。

10月19日にヨーロッパ中央銀行(ECB)のトップであるChristine Lagarde氏がX(旧Twitter)でツイートしたところによれば、ECBの統治理事会は準備フェーズを開始するための承認を与えました。