FBI、3000万ドルの暗号犯罪組織に関連して6人を起訴

adobestock

画像引用先:uhdenis, Adobe Stock

連邦捜査局(FBI)は、水曜日に6人の個人に対して、約30百万ドルの暗号通貨を関与させた無許可の資金送金ビジネスを運営していたとして告訴状を提出しました。

この情報は、ニューヨーク南部地区で提出された裁判所文書を通じて明らかになりました。告発された者たちは、ダークネットを通じてビットコインや他のデジタル通貨を現金に変換し、ニューヨーク州での資金送金に必要なライセンスを持っていなかったとして告訴されています。

ダークネット作戦網


FBIエージェントの封印解除された宣誓供述書によると、被告人たちは2021年7月から2023年9月の間に運営していたとされています。

そして、Shaileshkumar Goyani氏、Brijeshkumar Patel氏、Hirenkumar Patel氏、Naineshkumar Patel氏、Nileshkumar Patel氏、Raju Patel氏がすべての告訴に関与しています。また、後続の裁判所文書で述べられているように、Naineshkumar Patel氏は条件付きで釈放されています。

マネーロンダリングと不正行為への関与


特定されていない共謀者がおとり捜査官に明かしたところによると、3年間にわたって暗号通貨を現金に交換することで、約3,000万ドルが集められたとのことです。この共謀者はまた、顧客の中には麻薬取引のような違法活動に従事している者もいることを明らかにしました。そして、最も裕福なクライアントは、ハッカーとして識別されました。

2023年2月7日、法執行機関は、名前のない共謀者に代わって現金の小包を郵送していた人物を逮捕しました。

この人物は、ニューヨーク州ウエストチェスター郡の郵便局で活動しており、後にFBIに協力。機密情報源は、約8か月間で約80件の管理されたピックアップに関与し、推定1,500万ドルの現金が計上されました。

提出された証拠の写真およびビデオ監視によると、告発された者の中には、ニューヨーク州で要求されているライセンス付きの送金業者として営業している者は一人もいませんでした。

暗号通貨犯罪に対する規制の取り組み


2022年2月、FBIはNational Cryptocurrency Enforcement Team(NCET)を結成することで、暗号通貨犯罪への対応を強化するというコミットメントを既に示していました。

ミュンヘンサイバーセキュリティ会議での基調講演中に副司法長官のLisa Monaco氏によって発表されたNCETは、暗号通貨を巻き込んだ犯罪の捜査を専門とするために設計されました。

「暗号通貨やバーチャル通貨が安全な避難所と見なされるべきではないというメッセージを送っていると思います」とMonaco氏は、フォローアップのQ&Aセッションで述べました。

このチームは、暗号通貨の交換、ミキサー、タンブラーを含むデジタルアセットエコシステムのさまざまな側面に努力を集中させ、暗号通貨の「犯罪的な悪用」を特定することを目指しています。