EUの証券規制当局、DeFiのリスクと経済への恩恵について意見を述べる

euno-zheng-quan-gui-zhi-dang-judefinorisukuto

画像引用先:AdobeStock/ugiss

欧州証券市場監督機構(ESMA)は、分散型金融(DeFi)の発展と、増大する採用によってもたらされるリスクについての報告書を発表しました。

10月11日に公開された22ページの文書では、多くの約束を抱え、地域の金融を再構築したセクターがもたらすリスクに焦点を当てています。

また、文書によれば、DeFiは金融商品の革新を引き起こし、支払いを容易に。そして、世界中の銀行口座を持たない人々を対象とした金融包摂を支援しているといいます。

スピード、コスト、セキュリティ


ESMAは、DeFiの開発が伝統的な金融に対してある程度取引の速度、コスト、セキュリティに関連するいくつかのポジティブな点を得ていると述べつつ、一部の領域でのその適用が重大なリスクをもたらす可能性があるとも付け加えました。

“DeFiは、ユーザーが仲介者なしで製品やサービスにアクセスできるようにすることで、金融の包摂を促進する可能性があります。仲介者はアクセスを選択的に制限することがあります。”

他のポジティブな面として、この文書は仲介者や「中央取引相手」の存在なしに不変ブロックにトランザクションを記録するため、ブロックチェーン技術のオープン性を推奨しています。

スマートコントラクトは分散型金融を可能にし、先物契約、自動マーケットメイカー、フラッシュローンなど、さまざまな「革新的な金融商品」を生み出してきました。

EU市場におけるリスク


多くの革新にもかかわらず、DeFi製品は多くの点で市場を危険にさらし、世界中の規制当局の注目を集めています。

ESMAは、市場における金融資産の流動性リスクを挙げており、これは高いボラティリティが投資の損失を招く可能性があるためです。流動性リスクの格差は、暗号通貨と伝統的な株式市場の30日間のボラティリティに見ることができます。

ビットコインとイーサリアムの30日間のボラティリティは、ユーロ・ストックス50指数よりも3.6から4.7倍高いレベルにあります。

流動性に対する懸念とは別に、文書はスマートコントラクトとDeFiプロジェクトがまだ完全にカバーしていない領域である、相手方リスクを提起しています。

スマートコントラクトは、相手方リスクをブロックすることが期待されるべきですが、特に貸付プラットフォームにおいて、いくつかのプロジェクトにおける不整合のため、貸し手は過小担保のリスクにさらされています。

過去数年間で、エントリーのしやすさのため、KYC(Know Your Customer)要件がないか、または十分に実施されていないため、いくつかの悪意のあるアクターがシーンに参入しています。

結果として、何十億ドルもの損失が記録され、資産価格が暴落。投資家にとって不安定な市場が生まれています。

“悪意を持った人々は、技術を使用して匿名で悪意ある分散型アプリケーションを作成することができ、それがユーザーからお金を奪うこと以外の目的はありません。Chen et al(2019)によると、彼らはEthereum上のポンジスキームを識別し分析することで、2017年7月までに、507のスマートポンジスキームが作成されたと推定しています(ただし、それらはすべてのEthereumコントラクトのわずか0.03%程度を占めていました)。”