15 9月 2021 · 0 min read

欧州、アジアの投資家がビットコイン、イーサリアムの投資を促進 - 調査結果

Source: Adobe/Jonas Weinitschke

デジタル資産に特化した金融サービスを提供するフィデリティ・デジタル・アセッツの最近の調査によると、調査対象となった投資家の約52%が今年、暗号通貨へのエクスポージャーを確保しており、ヨーロッパとアジアの投資家がリードしていることがわかりました。

さらに、調査対象となった投資家の44%が、2020年の市場環境によってデジタル資産への投資の可能性が高まったと宣言しており、暗号市場は今後数年間、急速な拡大を続ける可能性が高いとしています。

2020年12月から2021年4月にかけて実施された本調査は、米国、欧州、アジアの様々な富裕層や機関投資家を代表する専門家1,100人へのブラインド・オンラインおよび電話インタビューに基づいています。  

欧州では、デジタル資産への投資を行っている投資家が、2020年の45%から今年は56%に拡大し、11ポイントの増加となりました。

今回の調査では、2年連続で欧州の投資家が米国の投資家よりもデジタル資産への関心が高いことが明らかになりました。

その一方で、米国におけるデジタル資産投資は、「2020年の調査から6%ポイント増加して33%となり、引き続き成長が加速している。アジアは最も導入率が高く、調査対象となった投資家の71%が現在デジタル資産に投資している」とフィデリティ・デジタル・アセットは述べています。

米国の回答者のうち、今年、投資商品を通じてデジタル資産を購入または投資したと答えた人は約18%で、2020年には8%だったという。

「このように投資商品を通じた導入が増加しているのは、昨年中に運用会社が発行した一連のプライベートファンドに加え、米国で現在販売されているパブリックトラスト構造の投資商品の数が増加していることに支えられていると考えられます」と報告書は述べています。

欧州の投資家は、デジタル資産を直接購入することを好む傾向が強まっており、調査対象者の41%がこの方法で投資を行っています(2020年は29%)。

フィデリティ・デジタル・アセッツ社によると、アジアでは、調査対象となった投資家の52%がデジタル資産を直接購入したと回答し、39%が投資商品を介してアロケーションを表明しました。

米国の投資家は、直接投資においてヨーロッパとアジアに遅れをとっているようで、調査対象となった投資家のうち、ポートフォリオでビットコインを所有しているのはわずか21%であるのに対し、ヨーロッパとアジアではそれぞれ46%と45%でした。"


ソースはこちら フィデリティ

"このような傾向が続いているのは、欧州市場でデジタル資産へのアクセスを提供する規制された投資商品の数が増え、個人投資家に馴染みのある仕組みを提供し、機関投資家との信頼関係を築くのに役立っていることが一因であると考えています。また、欧州の投資家は歴史的に 
欧州の投資家は、米国の投資家に比べて、ポートフォリオにオルタナティブ資産を保有する傾向が強く、過去10年間、主に株式や債券に投資して多くの利益を得てきました」とフィデリティは述べています。

ビットコイン(BTC)は、調査対象となった投資家のうち、米国では21%、欧州では46%、アジアでは45%が保有しており、3つの地域で主要な暗号通貨として選ばれ続けています。

2位のイーサリアム(ETH)は、米国で10%、欧州で27%、アジアで22%、3位のライトコイン(LTC)は、米国で6%、欧州で15%、アジアで14%の調査対象の投資家を集めているとのことです。

注目すべきは、米国の投資家のビットコインの所有率が、昨年よりも2%ポイントと小幅に増加したことです。

"欧州では、ビットコインとイーサリアムが導入増加の最も大きな要因となりました。ビットコインの導入は、2020年の調査では33%から13-ポイント増加し、イーサリアムの導入は13%から2倍以上に増加した」としています。

Source: Fidelity

 

____