欧州、ロシア企業への暗号資産サービス全面禁止を決定

Jamie McNeill
| 1 min read

2月にロシアがウクライナで「特別軍事作戦」を開始すると、西側諸国は厳しい制裁で一斉に対応し、ロシアをSWIFTネットワークから追い出しました。

現在、欧州連合は、暗号資産サービスプロバイダーや取引所がロシアからのビジネスを受け入れることを違法とし、ロシア人に対する制裁を強化すると発表しています。

孤立を深めるロシア経済 

EUは現在、ロシアに対して一連の制裁を課しており、これまでに8回分の規制を課しています。

これらの制裁の目的は、ロシア経済に可能な限りダメージを与え、戦争努力を損なわせることです。

ロシア人が世界の他の地域に経済的に含まれたままでいることができる数少ない方法のいくつかを締め付けることを目的とした、最も最近の禁止措置は、現在制限されています。

これは、英国のウォレットに行われる暗号資産の支払いをわずか1万ユーロに制限した以前の法律に続くものです。

制裁はどの程度成功するのでしょうか?

暗号資産の利用を法律で禁止する試みは過去に何度も行われており、ほぼすべてのケースで失敗しています。

2021年、ナイジェリアの大統領は当初、ビットコインが国の通貨を脅かすと見て、国内でのビットコインの普及にかなり反対していました。

しかし、国民が希釈できない流動性の高い、よく使われる通貨で強固な基盤を持つことの重要性を認識するようになったことに加え、それに対する法整備の不可能性を認識し、ナイジェリアでのビットコインの利用はその後急成長したのです。

意思ある参加者間の取引を完全に妨げるよりも、ロシア人は単に規制の緩いプラットフォームへと流され、多くの場合、ローカルビットコインのようなピアツーピアの代替手段を選ぶ可能性がはるかに高いと思われます。

あるいは、ロシアの消費者層をめぐる競争が弱まり、結果的に取引量を大幅に増やすことに成功したアジアの取引所に流出する可能性もあります。

短期的には、この制裁はロシアの政権を弱体化させ、国内の士気を低下させるためのツールとして使われるかもしれませんが、長期的には、EUにとって非常に大きなダメージとなるでしょう。特に、ロシアの巨大な天然資源は、ビットコインの採掘産業に関して、ロシアが非常に有利であることを意味します。