eTukTukは発展途上国の気候変動に大きなインパクトを与えようとしている

免責事項:以下の文章はプレスリリースであり、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

eTukTuk

eTukTukは、発展途上国の二酸化炭素排出量を削減する画期的な電気三輪車eTukTukを通じて、現実世界に影響を与えることができるWeb3プロジェクトのひとつです。

公害の原因となるトゥクトゥクに代わる電気自動車は画期的な設計で、現地生産が可能なためコストを削減し、製品展開を拡大することができます。

このプロジェクトは、2023年末にスリランカから開始予定で、過去10年間で最も画期的な持続可能性プロジェクトのひとつと言われています。

eTukTukは最近、TUKトークンのプレセールを開始しました。TUKトークンは、ネットワークと充電インフラが拡大するにつれて報酬を提供するもので、投資家が受動的収入を得ると同時に気候変動と闘うことを支援します。

発展途上国の気候変動に挑戦するeTukTukの使命


eTukTukは、BNBチェーン・レイヤー2のopBNBプロトコルで構築された最初の自動車プロジェクトです。

このチームは、発展途上国の公共交通手段を一新し、二酸化炭素排出量を残さない画期的な電気自動車(EV)に置き換えることを使命としています。

発展途上国では炭素排出量が増加し、何百万人もの人々が汚染された空気を吸っています。

eTukTuk

この公害の主な原因のひとつは、市民が移動するのに使っている時代遅れの交通手段である3輪車トゥクトゥクです。

世界中で2億7000万台以上が登録されているトゥクトゥクは、低所得者層にとって最も人気のある交通手段であり、日常的にタクシーとして利用されています。

しかし、トゥクトゥクは従来の自動車よりも多くのCO2を排出することが証明されており、世界的な大気汚染の最も大きな原因のひとつとなっています。

eTukTukは、その直感的なEV三輪車と充電インフラを通じて、二酸化炭素排出を軽減する計画を持っています。

実社会に根ざしたeTukTukは、持続可能性とイノベーションを組み合わせたダイナミックなマルチ収益モデルを構築し、ドライバーの電気自動車時代への移行を支援しています。

このプロジェクトは発展途上国のテスラを目指して、可能な限り低価格で購入するまたとない機会を提供します。

画期的な3輪EVと充電インフラ


eTukTukはEV生産の新たな基準を打ち立て、発展途上国における将来のEV輸送への移行ペースを高めています。

ゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)は、従来のトゥクトゥクよりも安全で信頼できるように作られており、特許取得済みのロールケージ設計により保護性能が向上しています。

チームは5年以上にわたってZEVを設計し、生産開始の準備を整えました。

eTukTukはまた、安全性と持続可能性を優先して設計されており、200以下の部品で現地生産が可能です。

直感的なEV設計と現地生産により、従来のトゥクトゥクに比べて運行経費が最大78%削減されます。つまり、ドライバーはより多くの収益を得ることができます。

さらに、eTukTukはLFPバッテリーを使用しており、リチウムイオンバッテリーよりもはるかに安全で、寿命は8年間あると言われています。

2030年までに二輪車と三輪車が最大のEVセクターになると予測される中、eTukTukは、他の発展途上国へ拡大する青写真として機能する、拡張可能なソリューションを構築する革命の最前線にいます。

eTukTukのデザインに加えて、このプロジェクトはEVネットワークを完成させるために、充電効率の次の進化をもたらそうとしています。

充電ステーションはOCPP 2.0プロトコルに準拠し、市販されているほとんどのEVと相互運用が可能です。

これらの充電ステーションは、eTukTukネットワークの基幹となるもので、広くアクセス可能で、コンパクトで、将来性のあるものとして建設されます。

eTukTukは、充電ステーションを戦略的に配置するテリトリーパートナーを通じて、充電ステーションのカバー範囲を拡大する予定です。

スリランカでの展開は2023年末の予定


eTukTukの最初のターゲットは、120万台以上のトゥクトゥクが登録されているスリランカのコロンボです。

eTukTukは、キャピタル・マハラジャ・グループ(CMG)とパートナーシップを確立し、全国的なネットワークの成長を促進しています。

CMGとeTukTuk

CMGはスリランカでナンバーワンの株式非公開コングロマリットであり、eTukTuk事業の株式20%を取得し、強力なパートナーシップの基盤を築きました。

スリランカでは燃料価格が急激に高騰しており、多くのドライバーが市場から値崩れしています。生活費すら稼ぐのが難しい状況です。

革新的なeTukTukのデザインにより、効率的な充電の結果、ドライバーは車の燃料費が最大75%削減されるため、最大400%の給料アップが期待できます。

スリランカの後、eTukTukは発展途上国への拡大を目指しています。

どのようなメリットがあるのか?

TUKトークンはエコシステムを支えるユーティリティ・トークンとなり、投資家に長期的な報酬を提供することができます。

ユーザーは、充電ネットワークが成長し、実用性が高まると、Power Stakingを通じて報酬を得ることができます。ドライバーは充電料金をTUKトークンで支払い、発生した料金はすべてのステーカーに分配されます。

ステーションの数が増え、ネットワークでの取引が増えれば増えるほど、ステーカーはより大きな利回りを得ることができます。

TUKトークンのエコシステム

プレセールでは現在、TUKトークンを0.024ドルで販売しています。しかし、プレセールは、次のステージで価格が0.028ドルに上昇し、すべてのプレセールのステージを通じて上昇し続けます。

従って、早期投資家は、より低い価格を支払うことになり、最大の利益を得ることができます。

また、まもなく終了する40%割引のコミュニティ・セールもあり、TUKへの投資をより多く行うことができます。