イーサリアムのKai Cat対ソラナのUranus|どちらが優良株となるか比較

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

ソラナUranusのチャート

TheStreetの人気暗号資産(仮想通貨)ポッドキャストとして知られる「Roundtable」の最近の投稿で、ビットコイン財団のブロック・ピアス会長は、CoinMarketCapランキングに掲載される可能性が低いミームコインを以下のように述べています。

「私はミームエコシステムを、研究や調査してきましたが、ミームコインは通貨の価値というよりは、エンタメ性そのものに価値があるように思えました。」

またRoundtableアンカーであるロブ・ネルソン氏は、番組の出演者たちに自分のお気に入りのアルトコインを紹介するよう以下ように促しました。

「覚えておいてください。私が今から紹介するコインは、実用性、目的、価値がありません。純粋にエンターテイメントとして楽しんでください。」

この発言は、ドージコイン(DOGE)、ぺぺコイン(PEPE)、柴犬(SHIB)などの最初の支援者たちが言ったものと同じです。

そこでKATを見てみるは、イーサリアムでそれら王道ミームコインと同様の成功をたどる可能性が期待されています。

ソラナのUranus(ANUS)が爆発的に成長


ピアス氏は、ソラナのミームコインUranus(ANUS)を取り上げました。同トークンは現在、完全希釈時価総額(FDV)は820万ドルで、1日の取引量は数十万ドルを誇ります。

これは3月1日から3月31日まで、投資家に448倍の利益を与えました(それ以降は下落の一途をたどっている)。

このような未知のコインが一定の時価総額を保持し、仮想通貨市場で価格が動くという事実は、投資家に仮想通貨がインフレが進む米ドル経済から撤退するときの選択肢となることを示します。

ネルソン氏は、以下のように言いました。

「なぜあなたがUranusを買ったことが、私にショックを与えないのか分かりますよ?」


ポッドキャストの主催者であるジョージ・タン氏は言いました。

「ピアス氏と同様、私もミームについてたくさん研究しできました。そこで見つけた共通点は、最も多くのミームを支援するのはSolanaチェーンだということです。私はSolanaを推します。」

確かにソラナは、過去12ヶ月間で信じられないほどに活発化しています。しかし、同期間にPEPEやSHIBのようなミーム経済が発展していることを見ると、イーサリアムのミームコイン戦争にも目が離せません。

Kai Katがさらに成長する理由


Kai Catのイメージ図

宇宙をテーマとしたミームはかわいいですが、ペットをテーマとしたミームはさらにかわいいです。

また、時価総額でトップ50に並ぶすべてのミームコインは、かわいい動物となっています。

Kai Catは、投資家にプロジェクトのトークン公開、エアドロップに先立ち、割引価格で事前購入できる機会を提供しています。

同プレセールを利用すると、すべての投資家に公平かつ固定されたトークン価格で購入できます。

次のSHIB、PEPE、FLOKIとなる優良株を探すならば、Kai Catは最高の選択肢の1つになることでしょう。

X(Twitter)Telegram