最新ミームコインEthereum Kai Cat(KAI)でソラナでの成功を再現する

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

イーサリアムカイキャットイメージ図

暗号資産(仮想通貨)市場はこのほど、ブロックチェーントークンやミームコインがイーサリアム(ETH)のパフォーマンスが上回っているため、ソラナ(SOL)のような主要トークンが目立っています。

もちろんこの傾向は、新興イーサリアムキラーが2024年に伸びる可能性を高めます。

しかし、市場のサイクルが変わり、主要なDeFiブロックチェーンに資金が戻るにつれて、イーサリアムのミームコインが伸びる可能性を秘めています。

DogWifHat(WIF)は2023年11月20日、ソラナを基盤としたSPL(Solana Program Library)トークンとして誕生。トークン価値は、827%上昇しました。

もし1月1日に同トークンに1ドル投資していれば、執筆時点で9ドルの価値になっていることを示します。

そのような可能性を秘めたもう1つのコインとして現在、Ethereum Kai Cat(KAI)が注目されています。

2024年、ソラナ系ミームコインの成長を辿るEthereum Kai Cat


「Kay Eye Cat」と発音され、ブロックチェーン上でAIに最適化されたKai Catは、イーサリアム上に発行されるERC20トークンです。

アルトコイン投資家は、現在開催中のプレセールへ参加し、取引所へ上場する前の割引価格でトークン供給を受け取ることができます。

犬系ミームコインのパフォーマンス

上記チャートから分かるように、WIFは2024年イーサリアムの柴犬(SHIB)のパフォーマンスを上回っています。

またBonk(BONK)は、ソラナ発の犬系ミームコインであり、2023年に驚異的な7000%のリターンを記録したことも記憶に新しいでしょう。

しかし現在、柴犬(SHIB)に遅れをとっています。そうなると、WIFもの今後同じ状況に立たされる可能性があります。

そのためイーサリアム系ミームコインが2024年、ソラナ系ミームコインが辿ってきたような成長を賭けるため、Kai Catを狙うアルトコイン投資家が増える可能性は大きなあります。

猫コインがトレンドを下支えするかもしれない


ドージコイン(DOGE)が仮想通貨市場を変えてきて以来、犬をテーマにしたミームコインは、イーサリアムやソラナなどのミームコイン市場を席巻してきました。

しかし2024年、アルトコイン投資家へ大きなリターンをもたらすのは、MarketWatchやCNN Moneyなどの大手金融ニュースメディアで取り上げられることも増えている猫をテーマにしたコインである可能性があります。

猫コインはここ数ヶ月、短期間で爆発的な成長を見せ、3つの猫コインが主要なコインとなっています。

それは最高時価総額が、7億ドルを超えたPopCat(POPCAT)、10億ドルを近づいたCat In A Dog’s World Coin(MEW)、2億ドルを超えたMANEKI(MANEKI)があります。

米国株式市場は、過去100年間で平均年間リターンが10%程度でした。その成長率では、ミームコインのようなリターンを得るには700年ほどかかってしまうと考えられます。

驚異的なリターンを得るために、仮想通貨は格好の手段となっています。その中でKai Catは、イーサリアムで開始する最新プロジェクトです。

プレセールではこのほど、23万ドルの資金調達を完了し、アルトコイン投資家の金の卵として期待を集めることでしょう。