Ethereum DeFiプロトコルBarnBridge、SECの行動と罰金に直面し、トークン保持者の投票を開始

Ethereum DeFiプロトコルBarnBridge、SECの行動と罰金に直面し

画像引用先:iStock

分散型金融(DeFi)の貸出プロジェクトであるBarnBridgeは、US証券取引委員会(SEC)からの法的な訴訟と罰金に対処するため、トークン保持者による投票を発表しました。

BarnBridgeは7月に、米国の規制当局からの調査を受けていることを確認。調査は、プロジェクトに関連する「すべての作業」を停止して、「将来的な法的責任をさらに軽減する」ためとしました。しかし、同社は調査の背後にある理由を明らかにしていません。

火曜日のアップデートで、プロジェクトは規制当局の告訴に対して企業がどのように対応するかについて、トークン保持者の投票を開始しました。この動きは、SECの調査に対してコミュニティがどのように反応するかについて、正式にコミュニティを巻き込む初めての動きのようです。

BarnBridgeコミュニティは、創設者Tyler Ward氏とTroy Murray氏が、企業に対する規制当局の命令に従うかどうかを支持するために投票することができます。また、BarnBridge Treasuryに、SECの命令により要求される「没収」の金額または罰金をすべて支払うよう投票することも可能です。

BarnBridgeの製品はEthereumによって機能し、リスク露出をトークン化することに焦点を当てています。これにより、ユーザーはポジションをヘッジする新しい方法を利用することができます。

また、保有者は、BarnBridgeの法律顧問であるDouglas Park氏に、DeFiプロトコルを代表してSECの最終的な命令を署名するよう承認するために投票することもできます、とsnapshotの投稿には書かれています。

BarnBridgeトークン保持者、法的助言を保持するために投票


プロトコルのトークン保持者たちは、7月に「様々な法的作業」のため、Douglas Park法律事務所をDAOに保持するかどうかについての提案への投票を求められました。

これは、Douglas Park氏が7月にプラットフォームのDiscordチャンネルに投稿した後でした。彼はその投稿で、プラットフォームと個人がSECの調査の目に触れていることを名言。Park氏は、BarnBridge関連のプロダクト、リクイディティプールを含めて、「潜在的なさらなる法的責任を軽減する」ために「すべての作業」を停止すべきだと提案しました。

分散型自律組織(DAO)の一部のメンバーは、Douglas Park氏による発表に対して疑念を抱きました。しかし、共同創設者Tyler Ward氏は、しばらくしてからPark氏のメッセージが、規制当局のBarnBridgeに対する調査に関して真実であることを確認しました。