ETHDenverハッカソンのファイナリストは、DeFi、NFT、DAO、およびメタバース全体のこれらのペインポイントに焦点を当てています。

Ruholamin Haqshanas
| 1 min read
Ethereum co-founder Vitalik Buterin was among the judges of the hackaton, while wearing a costume of the Bufficorn. Source: Twitter/@EthereumDenver

 

ETHDenverハッカソンのファイナリスト30名は、暗号のベテランチームに自分のアイデアを売り込み、最大5,000米ドルの賞金をかけて競いましたが、主にイーサリアム(ETH)エコシステムのさまざまなセグメントに共通するペインポイントの解決に焦点を当てました。

先週のETHコミュニティにとって最大のイベントの1つであるこのイベントで競われたプロジェクトのいくつかを詳しく見てみましょう。

DeFiカテゴリでは、IdentDeFiSlowSwapDustSweeperSkew Youの4つが提出されました。

例えばDustSweeperは、高価なガス取引なしに少量のトークン(「ダスト」)をETHと交換できるソリューションに取り組んでおり、SlowSwapはMEV(miner extractable value)関連の問題を防ぐことを目指しています。

一方、IdentDeFiは、ユーザーの匿名性を保持するためにゼロ知識(ZK)証明を活用し、プライバシーを保護するKnow Your Customer(KYC)アーキテクチャを構築することを目的としています。

NFTsカテゴリでは、プーリングによる即時流動性の提供を目指すNFT担保融資プロトコルBunker.finance、NFTコレクションのためのDeFiデリバティブプロトコルに焦点を当てたMimicry Protocol、数値化が困難な芸術作品の資金調達のための両面マーケットプレイスLoudverseなどのプロジェクトが最終リストに残りました。

さらに、分散型ヘルプセンターのBackground Networkや、高品質な学習教材の作成にインセンティブを与えるプロジェクトを可能にする教育プラットフォームのAcademyONEなど、DAO(分散型自律組織)を中心に、これらの実験体を用いて現実世界の問題を解決することを目指す応募がありました。

また、インフラとスケーラビリティのカテゴリでは、Cannon(「オンチェーン依存関係を宣言するためのHardhatプラグイン」)やDeus Ex Securitas(機械学習を使ってスマートコントラクトを自動監査する)などが、インフラ制約に対する独自の解決策を提供していました。

MoonScapeFunbugᵐINDAOは、ゲームメタバースカテゴリーで提出されたものです。これらは、利回り機会やNFTのサポートなど、多くの利点を提供しています。

また、ニューフロンティア部門では、ZKmapsが興味深いです。ZKmapsは、ユーザーが自分の位置を境界領域内で証明できるジオフェンシング機能を備えており、自分の位置を正確に開示する必要がなくなります。  また、「Proof of Meditation」は、瞑想をすることで、健康や心のケアに役立てようとするもので、最終選考に残りました。

Cannon、Dustsweeper、Proof of Meditation、Deus Ex Securitas、Loudverseがハッカソンの勝者として発表されました。 
_____
詳しくはこちら:
Web3 in 2022: Defining a Concept & Developing a New Paradigm
Blockchain Games in 2022: Play-to-Earn, Gamification, Interoperability and Major Publishers

DeFi Trends in 2022: Growing Interest, Regulation & New Roles for DAOs, DEXes, NFTs, and Gaming
Layer 2 in 2022: Get Ready for Rollups, Bridges, New Apps, Life With Ethereum 2.0, and Layer 3

Metaverse Trends in 2022: Prepare for More Gaming and New Virtual Experiences with NFTs
Crypto in 2022 Will Bring New and Older Emergent Trends to the Fore
NFTs in 2022: From Word of the Year to Mainstream Adoption & New Use Cases