. 0 min read

エルサルバドル、大学生向けにビットコイン、ライトニングネットワークの開発コースを開始

エルサルバドルの国旗と学生

出典:Sezerozger/Adobe

エルサルバドル政府は、ビットコイン(BTC)ライトニングネットワークの開発に関する新しい大学コースを開始することを発表しました。

政府のビットコイン・オフィスは、Twitterでその計画を明らかにしました。その新しいコース「CUBO+」は、「数ヶ月間の高度なビットコインエンジニアリングプログラム 」で構成されると説明しています。

このコースでは、「創立記念フェローシップ」の「資格のある人には、単位を与えるだけでなく、クラス分けも行う」と事務局は書いています。

同事務局は、USDTを開発するTether社と、BTCとLightningに特化した投資会社であるFulgur Ventures社から資金提供を受けていることを付け加えています。

ビットコイン事務局は、Nayib Bukele社長に直接対応します。

エルサルバドルのBitcoin Lightning Devコース、講師は誰?


政府部門は、「世界中のビットコイン界の大物」を講師やメンターとして採用することを発表しました。

そして、メンターは 「エルサルバドルで最も優秀なコンピューターサイエンスの学生 」が務めると述べています。

事務局は次のようにも書いています。

「講師 やメンターとして参加するビットコイナーは、近日中に発表する予定です。目指すはエクセレンス。それ以上のものはありません。(…)ビットコインはみんなのものです。そして私たちはそれを証明します。」

そして政府機関はさらに、この開発はスイスのルガーノにあるエルサルバドル・ビットコイン大使館の進展の結果であると主張しました。同大使館は2022年10月に開館しています。

CUBO+は、エルサルバドルにとって「初めてのビットコインとライトニングの開発トレーニングプログラム」になると、付け加えています。

Bukele氏とBTCを擁護する支持者たちにとって、その歩みは平坦なものではありませんでした。2021年9月に政府がBTCを法定通貨として認めて以来、ビットコイン市場は長期のボラティリティに見舞われてきました。

昨年10月、Central American Universityの調査によると、エルサルバドル人の77%がBTC導入には 「全く恩恵がない 」と考えていることが判明しました。

しかし、Bukele氏は簡単には引き下がらないでしょう。エルサルバドルでの彼の支持率は依然として高く、間もなく行われる選挙で2期目を目指しています。

同国政府はビットコイン債の発行の準備をし、Nuevas Ideas党は同国の国際的な知名度を高めることに貢献すると考えています。


おすすめ