暗号通貨のECB(欧州中央銀行)、アフリカのBitcoin Hub、Fortune 500に掲載されたCoinbase、ドバイのBinance + その他のニュース

Source: Adobe/cineberg

 

暗号資産とブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでダイジェストでお届けします - 今日の暗号ニュースの動向ストーリーを調査します。

__________

規制に関するニュース

  • 暗号資産が現在の傾向を続ければ、金融の安定性にリスクをもたらす可能性があると、欧州中央銀行(ECB)は述べました。金融部門と暗号通貨市場の相互接続のレベル、レバレッジの使用、融資活動に沿ってシステミックリスクが増加すると指摘し、暗号資産のエコシステムにおける規制とデータのギャップを埋めることが重要であると付け加えています。

採用に関するニュース

  • 中央アフリカ共和国は、大陸初の合法的なビットコイン投資ハブを立ち上げると、大統領府がロイター通信に発表しました。まもなく開始される「SANGO」イニシアチブには、ウェブサイトと、関心のある投資家がサインアップできる待機リストがあります。
  • Women's Wear Dailyによると、ファッションブランドのBalenciagaは、暗号通貨での支払いを受け入れるといいます。どのような決済ソリューションプロバイダーを使用するかはまだ決定していないが、まずはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの通貨を受け入れ、他の通貨は順次追加していく予定だということです。
  • 暗号通貨決済企業のWirexは、インドの顧客向けにレイヤー2スケーリングソリューションのPolygonMATIC)を別の決済方法として統合しました
  • インターネットイニシアチブProject LibertyとシャードブロックチェーンプロトコルPolkadot(DOT)の技術チームは、ユーザーが自分の個人データを所有、管理し、利益を得るソーシャルネットワークを提供することを目的としたDecentralized Social Networking Protocol(DSNP)の最初の実装に協力する正式契約を発表しました

取引所ニュース

  • Coinbaseは、米国最大手企業の売上高ランキング「Fortune 500」に入り、2021年度に78億米ドル超の売上を計上し、2022年度には437位にランクインしました。
  • Binanceは、早ければ6月にドバイとバーレーンで決済・取引サービスを開始する準備を進めており、現地銀行と協力し、カントリーマネージャーやコンプライアンス担当者を募集していると、South China Morning Postが中東・北アフリカ地域責任者のRichard Teng氏の話を引用して報じています
  • FTXは、株式取引に進出する証券会社の新興企業の買収を検討していると、CNBCは匿名の情報筋の話を引用して報じました。同社は少なくとも3社の未上場トレーディング新興企業に買収を打診していますが、話し合いはまだ初期段階で、条件提示には至っていないとのことです。

投資関連ニュース

  • 気候技術企業のFlowcarbonは、a16z cryptoが主導するラウンドで、ベンチャーキャピタルからの資金調達と炭素担保トークンの販売で、総額7000万米ドルを調達したと発表しました。同社は、企業が炭素排出を相殺するのに役立つ炭素クレジットを提供しています。
  • 企業向けテクノロジー企業であるFairmintは、創業者が自社のウェブサイト上で直接そのポータルを立ち上げ、貢献者が時間やお金を投資する代わりにトークン化された株式を受け取ることを可能にする、トークン化プラットフォームの立ち上げを発表しました。同社は、独自の技術を使ってこれまでに720万米ドルを調達したと付け加えました。
  • セキュリティトークン取引所ADDXは、5,800万米ドルを調達したことを発表しました。この資金調達は、最近開始したウェルスマネージャー向けのプライベートマーケットサービス「ADDX Advantage」や、ジェネラルパートナーを発行者として迎え入れる取り組み、その他の商品など、「いくつかの戦略的取り組み」を支援するものです。

NFTニュース

  • NFTプロトコルRaribleは、レイヤー2スケーリングソリューションImmutable Xと統合しImmutable Xを介してEthereum上でNFTを取引できるよう、プロトコルをベースにしたプロジェクトを構築しています。
  • アメリカの元プロバスケットボール選手Earvin "Magic" Johnson氏は、NBA Top Shot non-fungible token (NFT) プロジェクトとゲームとの提携を発表し、自身のNFTシリーズを開発することを発表しました

法律関連ニュース

  • 米国下院に属する下院倫理委員会は、共和党下院議員Madison Cawthorn氏が、いわゆる「レッツゴー・ブランドン」のミームコインを指して「公表されていない金銭的利害関係を有していた可能性のある暗号通貨を不適切に宣伝したかどうか」調査すると発表しました。この調査は、Cawthorn氏がNASCARドライバーのBrandon Brow氏との提携を発表する1日前に、このトークンを所有し宣伝していたことが、パンプ・アンド・ダンピングの疑惑で終わったという報告を受けてのものです。