EBAとESMA、暗号資産サービスプロバイダーの適性評価に関する協議文書を発表

adobestock-grecaud-paul

画像引用先:AdobeStock/Grecaud Paul

欧州銀行監督庁(EBA)と欧州証券市場監督機構(ESMA)は、2つの草案ガイドラインに関する共同協議文書を公表しました。

10月19日、EBAとESMAは資産参照トークン(ARTs)および暗号資産サービスプロバイダー(CASPs)の認可付与、ならびに潜在的な買収に対する資本的評価を含む共同ガイドラインを発表。

草案ガイドラインは、経営陣のメンバーや、ARTsおよびCASPsを発行する企業の株主や大株主の適格性および適任性の評価に関連しており、彼らの知識、スキル、経験、誠実さ、および役割へのコミットメントを評価するための標準化された基準の設定も含まれています。

これらの草案文書に記載されているガイドラインは、これらのエンティティの経営陣メンバー、株主、および重要な持分所有者の適格性を評価するための明確かつ一貫した基準を提供することを目的としています。これにより、ルールの適用におけるいかなる違いや、潜在的なルールの悪用の可能性を減らすことを目指しています。

特筆すべきは、これらの草案ガイドラインが欧州連合内で暗号資産に対する包括的な規制フレームワークを確立する暗号資産市場規制(MiCA)に従って発行されており、2024年に施行される予定であるという点です。

これらの共同協議ガイドラインの目的は、ルールの適用における不整合や規制の回避の可能性を減らすことです。この評価は、業界内での透明性と信頼性を維持するのに役立ちます。

これらのガイドラインに対する共同協議期間は、2024年1月22日まで開かれていることに注意が必要です。これは、EBAとESMAが受け取ったすべてのコメントを検討し、ガイドラインを最終決定する前に、利害関係者からのフィードバックや意見を得るためです。

EUの銀行監視機関、MiCA導入に先立ってステーブルコインの責任を奨励


翌年に予定されている義務的な規制に先駆け、7月に欧州連合の銀行監督機関は安定したコインの発行者に対して、リスク管理と消費者保護に関連する特定の「指導原則」を自主的に遵守するよう促しました。

EBAはまた、MiCAの規定を明確にすることを目的として、公的フィードバックのための最初の一連の措置を導入。これらの措置には、永続的な償還権および苦情管理のためのガイドラインなどの条項が含まれています。この行動により、安定コインセクターにおけるベストプラクティスと強化された安定性およびセキュリティが確立されます。

その期間中、EBAは10月に安定コイン発行者の資本ニーズに対処し、ビジネスが不安定な市場での安定コインの償還をどのように扱うべきかについての第二の草案ガイドラインを発表すると約束しました。

EBAとESMAは現在、3か月の共同協議期間中に2つの草案ガイドラインに関する意見やフィードバックを求めています。これらのガイドラインの最終版は、暗号資産市場(MiCA)規制が発効する際にリリースされる予定です。