トランプ氏へ有罪判決|関連ミームコインが激しく反応

Naoki Saito
| 1 min read

有罪判決が下ったトランプ氏

ドナルド・トランプ米大統領候補は30日、不倫の口止め料を支払い、帳簿などの財務記録を改ざんした罪に問われている裁判で有罪判決が下った。

これにより、同氏に関連したミームコインであるMAGA(TRUMP)は、1日で10%以上下落し11.27ドルをつけた後、執筆時点で14.71ドルまで回復している。

一方で、同氏と同じく大統領候補者であるジョー・バイデン氏に関係するミームコインJeo Boden(BODEN)は、ニュース直後0.36ドルまで上昇後、0.28ドルまで下落している。

依然としてトランプ勝利の予想が優勢


大統領選挙の結果予想が行われるPolyMarket

ブロックチェーンを活用した賭け市場であるポリマーケットでは、11月5日の次期選挙の勝者予想が行われている。

同プラットホームは2020年、将来の出来事について二者択一の予想し賭けを行う分散型予測プラットフォームとして誕生した。

クレジットカードや個人情報を入力せず、仮想通貨ウォレットを接続するだけで、プラットフォーム上で行われる賭けに参加できる。

選挙結果の予想では、依然としてトランプ氏がバイデン氏に勝つと予想されており、勝利確率は54%(バイデン氏は40%)となっている

仮想通貨を支持する姿勢


同氏はこのほど、仮想通貨の業界を支持しようと以下のような言動が見られている。

  • 2023年:特典として夕食券が付属したNFTコレクション発売
  • 22日:選挙活動の寄付金として仮想通貨の受け入れを開始
  • 26日:米国は仮想通貨分野のリーダーにならなければならないと発言
  • 28日:米債務問題の解決にビットコイン(BTC)を活用できないか検討

ただし同氏は3年ほど前、「ビットコインは詐欺だ」という発言もしており、180度態度が変化したことへ疑問に思う声も上がっている。

トランプ氏、ビットコインで米政府の債務問題の解決を検討か