18 5月 2022 · 0 min read

Do Kwon氏による新テラブロックチェーン構想が「最終決定」となり、投票にかけられる

Source: AdobeStock / MIA Studio

 

アルゴリズムによるステーブルコインを使わずに新しいブロックチェーンを作ることでTerra(LUNA)のエコシステムを復活させる計画が、Terraform LabsのCEO兼共同創業者のDo Kwon氏によって「最終」とされ、投票にかけられたことが明らかになりました。(13:00 UTC にDo Kwon氏の提案を巡る投票の詳細を更新しました)

独自のネイティブトークンを持つ新しいブロックチェーンを作ることで、Do Kwon氏の再生計画は、古いチェーン上のLUNAのホルダーやステーカー、そして彼が「残りのUSTホルダー」や「必須アプリ開発者」と呼ぶ人々に新しいトークンをエアドロップすることになります。

計画によると、旧Terraブロックチェーンは「クラシック」チェーンとして存続し、現在のLUNAはluna classic(LUNC)トークンと称されます。新しいチェーンは「Terra」と呼ばれ、そのトークンはLuna(LUNA)となります。

現在、提案書のタイトルには「[UPDATED AND FINAL]」が追加されています。

Source: agora.terra.money

12:05 UTC、Do Kwon氏はTwitterで、この提案がTerra StationのLUNAホルダーの間で投票にかけられたと述べました。「あなたの声を聞いて、一票を投じてください。この未来に興奮し、コミュニティとともに再建することを楽しみにしています。」

13:00 UTCの時点で、4300万LUNA以上が提案に賛成し、1190万LUNAが「No with veto」に投票しました。賛成票は、これまでの全投票の78.3%を占めました。投票は7日後に終了します。

Source: station.terra.money

新しい提案では、新しいトークンの45%が攻撃前のLUNAとUSTの保有者に、30%が5月27日のLUNAとUSTの保有者に、25%がステークドガバナンスで管理されるコミュニティプールにエアドロップされます。

このたびの最終案は、すでにTerraの分散型金融(DeFi)プラットフォームであるNexus Protocol(PSI)の支持を得ており、Twitterで "Terraの未来を信じている[...]」と宣言しています。

月曜日の10:30 UTCに、LUNAは0.00018米ドルで取引され、過去24時間3%下落しました。同時に、失敗したステーブルコイン terraUSD(UST)は0.094米ドルで取引され、その日はほぼ横ばいでした。

____

詳しくはこちら: 
- Do Kwon's New Terra Revival Plan Fights for Support as Trust Challenge Remains
- Vitalik Buterin & Binance CEO Chime In as Do Kwon Proposes Another Terra 'Revival' Plan

- After Terra's Collapse, Cryptoverse Reflects on ‘Ponzi-like Assets’, Role of VCs, and 'Ignorant' Crypto People
- Luna Foundation Says Nearly Entire Bitcoin Stack Spent, Promises Compensation to UST Users

- Terra's Do Kwon Liquidated the South Korean Arm of Terraform Before LUNA & UST Crisis
- South Korean Financial Regulators Begin Terra Probes, Politician Calls for Kwon to Face Parliamentary Hearing