30 4月 2022 · 0 min read

中国のパイロットゾーンでデジタル人民元が納税に利用されるようになった

出典: Adobe/Tada Images

 

現在、一部の中国国民はデジタル人民元で税金を納めているようで、急成長している中国の試験的なエリアでは、この動きが加速しています。

Hangzhou.comによると、浙江省の多くの政府機関が「デジタル人民元のオンライン送金」による納税システムを試行しており、杭州市、紹興市、金華市がデジタル人民元の納税システムを開始したと報じました。

先月、国家税務総局浙江省税務局は、中央の中国人民銀行(PBoC)杭州支店と連携し、「人民元デジタル納税の発展を積極的に模索する」ソリューションを導入し、省内で「いくつかの」実地検証が行われました。

4月上旬から、多くの地方税務機関が、国民がデジタル人民元を使って所得税、印紙税、社会保険料、手数料を支払うことを許可した、と報じています。

中国工商銀行交通銀行中国建設銀行などの大手国有銀行も、「納税」関連ビジネスを模索しています。

浙江省税務局の担当者は、デジタル元は単なる 「新しい支払い方法 」であり、現金や銀行振り込みの代わりにはならないと熱心に指摘し、トークンは 「既存の納税経路を効果的に補完するものになる 。」と付け加えました。

しかし、デジタル人民元は「オンライン税務処理をより良くサポートし、より速く、遠隔地での納税確認を可能にする。」と関係者は指摘しました。

PBoCとそのパートナーは現在、その「次のステップ」であるアジア競技大会を視野に入れており、当局はトークンが減税措置などの税関連の計算で役割を果たす可能性があると主張しています。

杭州は今年9月に競技大会の開催が予定されており、同市をはじめ、競技大会に関連するイベントを開催する都市を早期に試験的に追加し、PBoCのトークンが再び国際的な注目を浴びるための準備に役立てることとしました。

一方、FJSENによると、4月26日現在、新しい試験地域の一つである福清の12の高速道路料金所の出口で、デジタル人民元が支払いオプションとして追加されたという報告があります。また、高速道路の料金を処理する多くのサービスエリアでも、オフラインとオンラインの両方のデジタル人民元決済の受付が開始されました。

また、中国国営ラジオは、広州の象徴である広州友誼百貨店IKEAなど、広州のスーパーやデパートも、PBoC発行のトークンによる顧客からの支払いを受け付け始めたと報じています
____
詳しくはこちら: 
- Chinese Man Uses Digital Yuan to Pay Court-issued Fine in Legal First
- Ex-Chinese Central Bank Chief Says Digital Yuan Not Intended for International Trade

- Central Banks Struggle With Privacy-Related CBDC Headaches
- The Prospects, Possibilities, and Dangers of CBDCs