Diemの共同制作者はビットコインに焦点を移した

David Marcus. 出典: Video Screenshot, SiliconANGLE theCUBE / YouTube

 

Metaの元幹部で、現在は売却されたFacebookDiemプロジェクトの共同開発者であるDavid Marcus氏は、その焦点をビットコイン(BTC)に移し、ビットコインの能力と実用性を探求、構築、拡張する目的で設立した新会社Lightsparkを発表しました。

「その第一歩として、ライトニング・ネットワークをより深く掘り下げるためのチームを積極的に結成している」と起業家はツイートしています

Marcus氏は、現在ビットコインと暗号市場で目撃されているような不況は、「ミッションに沿った人々と共に価値を構築し、創造することに集中する」良い機会であると信じていると述べました。ライトニングに飛び込み、もっと学び、コミュニティと一緒に働くことに興奮している」と述べました。

ビジネスマンによると、新会社は最初の資金調達ラウンドを通じて、多くの投資家の支援を確保したとのことです。この中には、Andreessen Horowitz(a16z)、Paragidm、Thrive Capital、Coatue、Felix Capital、Ribbit Capital、Matrix Partners、Zeev Ventures、その他金融業界関係者が含まれています。

新事業に注入された資金の額は公表されていません。

ロサンゼルスに拠点を置くLightsparkは、現在、エンジニア、開発者、暗号解読者、ストレージ専門家などのチームを編成している最中であるといいます。同社の資料によると、現時点では3名の求人があります。

Marcus氏は、ビッグテックでのキャリアにおいて、モバイル決済プロバイダーのZongの創業者兼CEOを務めた経験があります。彼の事業は後にPayPalに買収され、ビジネスマンは同社の副社長、そして後に社長に就任することになりました。2014年、彼はFacebook(現・Meta)に入社した。マーク・ザッカーバーグの会社で、Marcus氏は同プラットフォームの現在販売されているステーブルコイン・プロジェクトなどに携わっていました。その3年後、Coinbase にも取締役として参画し、2018年8月に1年足らずで退任した。昨年12月には、理事を務めていたDiem Associationを退会しています。
____
詳しくはこちら: 
- Meta Says Adios to Diem – But Its Buyer Wants to Launch a Token of its Own
- Lightning Network Adoption at Exchanges is Growing: This is Why It’s Good for Bitcoin
- Bitcoin Lightning Network Payments Jump Over 400%, 80M Users Have Access to Network