ドイツ取引所グループとTP ICAPは、新しいプランと投資でクリプト・ベットを行う

Sead Fadilpašić
| 4 min read

ドイツ取引所グループとTP ICAPは、新しいプランと投資でクリプト・ベットを行う

出典: Adobe/pvl

Besides Fidelity Investments, it will be launched along with Zodia Custody, which is a digital asset custody unit itself launched back in December by banking corporation Standard Chartered‘s and provider of asset servicing Northern Trust.

Neither Standard Chartered nor Fidelity Investments have invested in the platform, TP ICAP told Reuters.

TP ICAP launched its Digital Assets business in 2019, enabling clients to trade cryptoasset derivatives products.

“This new trading platform for the spot market significantly expands the firm’s footprint in this fast-growing area,” they said, adding that the platform will offer to its users post-trade infrastructure with a network of digital asset custodians, as well as separate execution and settlement, “something widely seen as key to greater involvement of larger risk-averse investors in the emerging crypto market.”

Amsterdam-based Flow Traders will provide liquidity to the platform, but TP ICAP said they expect to announce additional liquidity providers in the second half of the year.

The platform is now waiting for approval by Britain’s financial regulator.

“Client demand to trade spot cryptoassets is significant and growing, with interest coming from our traditional customer base across the different asset classes we operate in. But to date many of our clients have been prevented from accessing cryptoasset markets due to current limitations in market infrastructure, with most execution venues requiring pre-funding and also acting as custodian,” Simon Forster, Co-Head of Digital Assets at TP ICAP, was quoted as saying in the announcement.

まず、英国の大手インターディーラー・ブローカーTP ICAPは、米国の投資信託大手Fidelity InvestmentsおよびZodia Custodyと提携し、暗号取引プラットフォームを立ち上げました。一方、証券取引所大手のドイツ取引所グループは、ドイツ大手が欧州のデジタル資産エコシステムを構築するにあたり、Crypto Finance AGの株式の過半数を取得したと発表しました。

ロンドン証券取引所に上場し、世界の金融、エネルギー、コモディティ市場で事業を展開する専門的な仲介業者のグローバル企業であるTP ICAPは、新しいプラットフォームへの顧客の参加をすでに開始しており、今年の下半期に市場に投入する予定であると述べました。

この新プラットフォームでは、機関投資家はまずビットコイン(BTC)を取引することができ、イーサリアム(ETH)も「後で」追加される予定です。

このプラットフォームは、フィデリティ・インベストメンツのほかに、スタンダード・チャータード銀行とノーザン・トラスト社が12月に立ち上げたデジタル資産のカストディ部門である「ゾディア・カストディ」とともに立ち上げられる予定です。

スタンダード・チャータードとフィデリティ・インベストメンツのいずれも、このプラットフォームには投資していないと、TP ICAPはロイターに語っています。

TP ICAPは2019年にデジタルアセット事業を立ち上げ、顧客がクリプトアセットのデリバティブ商品を取引できるようにした。

“スポット市場向けのこの新しい取引プラットフォームは、この急成長分野における当社のフットプリントを大幅に拡大します。”と彼らは言い、このプラットフォームは、デジタル資産カストディアンのネットワークを使ったポストトレードインフラをユーザーに提供するとともに、別個の執行と決済を提供します。”新興の暗号市場に大規模なリスク回避の投資家がより多く関与するための鍵として広く見られているものです。” と付け加えました。

アムステルダムを拠点とするFlow Traders社がこのプラットフォームに流動性を提供する予定ですが、TP ICAP社によると、下半期には追加の流動性提供者を発表する予定とのことです。

このプラットフォームは現在、英国の金融規制当局の承認を待っています。

“スポットの暗号資産を取引したいというお客様の要望は大きく、また成長しており、当社が事業を展開しているさまざまな資産クラスの伝統的な顧客層からも関心が寄せられています。TP ICAPのデジタル資産部門の共同責任者であるSimon Forsterは、この発表の中で次のように述べています。「しかし、現在の市場インフラでは、ほとんどの執行機関が事前の資金調達を必要とし、カストディアンとしての役割も果たすため、当社の顧客の多くは暗号資産市場にアクセスすることができませんでした。

需要の増加

一方、ドイツ取引所グループは、スイスに本拠を置くCrypto Finance AGの株式の3分の2を取得したと述べました。これは、機関投資家や専門家のクライアントにデジタル資産サービスの取引、保管、投資を提供するもので、 -桁のCHF百万の範囲。」

残りの株式は、CEO兼創設者のJan Brzezekを含む既存の投資家に残り、ビジネスを主導および管理し続けます。両当事者は、規制当局の承認を受けて、2021年の第4四半期に取引を完了する予定です。

報告されているように、2020年4月、Crypto Financeは、スイスの投資家であるRainer-MarcFreyとアジアを拠点とするプライベートエクイティファンドのLingfengCapitalが主導するシリーズBラウンドで約1400万米ドルを調達しました。

「ドイツ取引所グループの一部として、Crypto Financeはビジネスをさらに拡大し、デジタル資産サービスの範囲を拡大することができます。ドイツ取引所はまた、確立されたプラットフォームを介して参加者がCryptoFinanceのサービスに簡単にアクセスできるようにする予定です」とグループは述べています。電子メールによるアナウンス。

ドイツ取引所のトレーディング&クリアリングの取締役会メンバーであるトーマス・ブックによると、この新しい資産クラスで積極的になり、信頼できるパートナーを求めている確立された金融機関からの需要が高まっています。
___
___
もっと詳しく: 
アンドリーセン・ホロウィッツ、この5つの暗号分野で22億米ドルを確保
– PayPal, Visa & Other Investors Double Down On Their Crypto Investments

Visa、その他の投資家が暗号投資を倍増させる
PayPal、Visa、その他の投資家が暗号投資を倍増させる

Bybit-backed BitDAO Announces USD 230M Funding RitDAO、研究開発のための2億3,000万米ドルの資金調達を発表(Bybit-backed BitDAO
ソBitDAO、研究開発のための2億3,000万米ドルの資金調達を発表(Bybit-backed BitDAO
___
(Updated at 10:31 UTC with additional details about TP ICAP’s platform.)