取り締まりにもかかわらず、中国では暗号詐欺師がまだ暴れている

Tim Alper
| 4 min read

中国では、マイニング、取引、暗号仲介サービスの大規模な取り締まりが行われたものの暗号をテーマにしたスキームで一攫千金を狙う人々を阻止することができなかったため、逆に暗号詐欺が増加していると言われています。

出典: Adobe/ketkata

Per the 21st Century Business Herald, a woman this month fell victim to a scam run by a bogus company pretending to operate a BNY Mellon app for digital assets including bitcoin (BTC). Police this month confirmed that the woman had been the victim of fraud, and had lost some USD 58,600 to the fraudsters – who reportedly posed as bona fide financiers and threatened her with money laundering-related investigations if she did not pay up.

Police added that fraudsters are now “typically” using “false trading platforms” to “fabricate speculative cryptocurrency transactions.” Officers noted that criminals often attempt to trick worried investors with intimidation – fooling them into making hasty decisions about transfers if they fail to act quickly.

Such fake platforms are booming, media outlets have claimed, even while the government and the central bank crack down on crypto brokerages and private individuals’ bank-linked crypto transactions. Often posing as Chinese agents of notable foreign financial companies, these fake exchanges often dupe investors into believing there are depositing crypto into real crypto exchanges’ coffers – while, in fact, they are actually making transfers into a scammer’s private wallet. As such, later efforts to “withdraw” funds from these bogus exchanges quickly prove fruitless.

Others, the same media outlet explained, are making use of video streaming platforms and media production techniques.

Ostensibly, the fraudsters claim to be experienced above-board crypto traders offering free live lectures on crypto investment. Later, though, they reveal that a “higher” level of pro tips is available for paying customers. And then, some users of such platforms claimed, elite-level trading “masters” offer yet more tips – but only to those who have made “institutional investments” of up to USD 46,000.

Meanwhile, the Beijing Youth Daily reported that a Sichuan court has sentenced three people to 10, eight and seven years in prison after finding them guilty of stealing a huge bitcoin and ethereum (ETH) haul from their friend’s wife’s accounts.

The men posed as food delivery personnel and lured the woman into a parking lot to pick up a parcel. She was then hauled off the lot and bundled into a car, the court heard, before being threatened with physical violence and eventually agreeing to hand the men the keys to the crypto stash, which comprised BTC 29 (USD 989,000) and ETH 1.25 (USD 2,884).

21st Century Business Heraldによると、今月、ある女性が、ビットコイン(BTC)を含むデジタル資産のためのBNY Mellonアプリを運営しているように装った偽装会社による詐欺の被害に遭いました。警察は今月、この女性が詐欺の被害に遭い、約58,600米ドルを詐欺師に奪われたことを確認しました。詐欺師は善意の金融業者を装い、支払いをしなければマネーロンダリング関連の捜査を行うと脅したそうです。

警察は、詐欺師たちが「一般的に」「偽の取引プラットフォーム」を使用して「投機的な暗号通貨取引を捏造」していると付け加えました。警官は、犯罪者は心配している投資家を脅迫で騙そうとすることが多いと指摘しています。つまり、すぐに行動しなければ、送金について性急な判断をするように騙すのです。

このような偽のプラットフォームは、政府や中央銀行が暗号ブローカーや個人の銀行関連の暗号取引を取り締まっているにもかかわらず、ブームになっているとメディアは主張しています。このような偽の取引所は、著名な外資系金融企業の中国代理店を装うことが多く、投資家は本物の暗号取引所の金庫に暗号を預けていると錯覚してしまいますが、実際には詐欺師のプライベートウォレットに送金していることが多いのです。そのため、このような偽の取引所から資金を「引き出す」努力をしても、すぐに無駄になってしまいます。

また、同メディアによると、動画配信プラットフォームやメディア制作技術を利用したものもあるという。

表向き、この詐欺師たちは、経験豊富な公正な暗号トレーダーだと主張し、暗号投資に関する無料のライブ講義を提供しています。しかし、その後、彼らは「より高い」レベルのプロのヒントを有料の顧客に提供していることを明らかにしています。さらに、このようなプラットフォームの一部のユーザーは、エリートレベルのトレーディング「マスター」がさらに多くのヒントを提供していると主張しているが、それは最大46,000米ドルの「機関投資」を行った人に限られる。

一方、北京青年報は、四川省の裁判所が、友人の妻の口座から巨額のビットコインとイーサリアム(ETH)を盗んだ3人を有罪とし、10年、8年、7年の懲役刑を言い渡したと報じた

彼らは、食品配達員を装い、女性を駐車場に誘い込んで小包を受け取りました。その後、女性は駐車場から車に押し込まれ、暴力で脅され、最終的にはBTC 29(989,000米ドル)とETH 1.25(2,884米ドル)からなる暗号の隠し場所の鍵を男性に渡すことに同意したと、裁判所は聞いています。
____
もっと詳しく:
韓国の暗号取引所の幹部が逮捕され、2億米ドルの不正行為が懸念される
Ledgerのハッキング・サーガは続く。詐欺師が偽のハードウェアウォレットを「贈与」していた

韓国の取引所詐欺容疑で69,000人が懐に入る可能性
スペインの裁判所に殺到した暗号詐欺事件