DeFiプロトコルのElixir、Hack VC主導のシリーズAラウンドで750万ドルを調達

defi-protocol-elixir

画像引用先:Elixir

Hack Venture Capitalが主導するシリーズAの投資ラウンドで、DeFiプラットフォームのElixirは750万ドルの調達に成功しました。

この大規模な投資により、プロトコルの評価額は驚異的な1億ドルにまで引き上げられています。

シリーズAラウンドでは、AngelList Ventures、NGC Ventures、Bloccelerate、Hudson River Trading、Genesis Trading、Ledger Primeからのエンジェル投資家など、主要な投資家たちの参加も歓迎されました。

新たに調達された資金は、プロトコルのチームの拡大や、取引所におけるオーダーブックの流動性の開発を含むインフラストラクチャーの開発を加速するために使用されます。

今年初め、ElixirはFalcon XとChapter One主導の下、BitMexの共同創設者であるArthur Hayes氏の関与を受け、シードファンディングラウンドで210万ドルを調達しました。

Elixirモデルに関する洞察とこれまでの成長軌道


Elixirは、最先端の流動性の供給と、分散型およびアルゴリズムに基づくマーケットメイキングプロトコルを通じて、資金を変換する包括的なアプローチを導入しました。

このプロトコルのトラストレスなアルゴリズムモデルにより、分散型および集中型プラットフォームの取引ペアに流動性を供給するための幅広い参加が可能になります。

プロジェクトへのインセンティブの創出とマーケットメイキングの完全な透明性の提供により、Elixirはプロジェクトが取引ペアのマーケットメイキングサービスで優位に立つことを可能にし、コストの大幅削減を実現。

また、プラットフォームの透明性は、プロトコルが流動性の供給方法を監視できることを意味します。これはすべての参加者に利益をもたらし、伝統的なマーケットメイキングの実践ではあまり見られない高い信頼と説明責任を養います。

さらに、Elixirの分散型モデルは、分散型ファイナンス(DeFi)プロジェクトだけでなく、取引ブックの流動性を向上させるための取引所やプロトコルにも多様なユーティリティを提供します。

そして、このプロトコルはマーケットメイキングの風景を民主化するだけでなく、従来のマネーマーケットプラットフォームから生成される収益をトークンコミュニティと共有することを目指しています。

メンバーにインセンティブを提供することで、個人は流動性の供給に参加し、トークン報酬を通じて金融上の特典を獲得することにモチベーションを感じるでしょう。

この斬新なアプローチは、トークンの追加需要を創出しながら、エコシステムの成長と持続可能性を向上させます。

Elixirは、その最先端のブロックチェーンソリューションの開発を続け、より多くの目標の実現に近づくにつれて、垂直成長の軌道にあります。

新たな資金調達は、FTXの崩壊と著名なAlameda研究に続いて分散型市場が厳しい検討を受けている時期に行われました。

Elixirが業界の不振を乗り越えて繁栄する中で、専門家たちはさらなるマイルストーンに到達する可能性があると考えています。

また、スタートアップは、今後数週間でメインネット上に委任された証明ステークメカニズムを立ち上げる計画を明らかにしており、これはその成長を新たな高みに導く新たな軌道になる可能性があります。