. 1 min read

Twitterの代わりとなる分散型SNSのBlueskyとNostrは、課題がある中で急成長 – ブロックチェーンとの統合で次のレベルへ?

人間の顔

Pixabay / Geralt

BlueskyやNostrなど、Twitterに代わる分散型SNSが急速に普及しSNSの状況は大きく変化してきています。

両プラットフォームは、Twitterの元CEOであるJack Dorsey氏が支援し、中央当局がコンテンツや参加を決定することのないオープンなソーシャルネットワークによって、ユーザーが自分のデータをよりコントロールできるようにすることを約束しています。

Web3が話題となる中、ブロックチェーンの統合とオープンプロトコルの採用が自慢の分散型ソーシャルメディアプラットフォームは、成功をもたらすでしょう。

アプリで狙うは市場細分化

Nostrは、「note and other stuff transmitted by relays」の頭文字をとったもので、公開鍵暗号と秘密鍵暗号を用いた分散型プロトコルです。

Nostrプラットフォームが技術系コミュニティを惹きつけたのに対し、BlueskyはデジタルアーティストやNFTの愛好家、社会活動家やカジュアルユーザーまで、幅広い層を惹きつけています。

その違いはあれど、両プラットフォームは分散型ソーシャルメディア領域で急成長を遂げています。

Blueskyはまだ招待制の段階で、時系列フィードを特徴とし、アカウントのポータビリティ、コンテンツの見やすさ、カスタマイズ可能なキュレーションとモデレーションといったMastodonエコシステムのギャップに対処することを目的としています。このプラットフォームには、現在約33,000人の会員がいます。

一方、Nostrは、Nostr.Bandによると、1600万人ものユーザーと78万人のデイリーアクティブユーザーを抱え、既に大きなユーザーベースを誇っています。

分散型SNSの障壁となるApple App Store

こうした分散型SNSは、技術的な問題から、モデレーションや安全性といったコミュニティの懸念に至るまで、さまざまな課題を抱えています。

例えば、Nostrプロトコルに基づくアプリ「Damus」は、その分散型という性質から、AppleのApp Reviewを通過するのに苦労しました。しかし、指摘された問題に対処した後、Damusは最終的にApp Storeで承認されました。

ブロックチェーン技術の統合により、投稿のチップ化やコンテンツ作成のインセンティブなど、ユーザーエンゲージメントとマネタイズの新たな機会を提供できるでしょう。

また、分散型プラットフォームは、将来的に異なるプロトコル間の相互運用性を活用し、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させることができるようになるかもしれません。

さらに、最初のWeb3のハードウェア技術の出現は、コンテンツの信頼と真実の全く新しい時代を実現する可能性があります。

ButerinがNostrの初期サポーターに名を連ねる

これらのプラットフォームが進化を続ける中で、互換性と相互運用性は、より大きなユーザーの自律性、強化されたプライバシー、および経済的なエンパワーメントを特徴とするソーシャルメディアの新しい時代への道を開くことができます。

Nostrの初期のテスターや支持者には、イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏、内部告発者のEdward Snowden氏、仮想通貨推進派の米国上院議員Cynthia Lummis氏などがいます。

全体として、BlueskyやNostrのようなTwitterの代わりとなる分散型SNSの急成長は、SNSの力学の変化を示しています。

ブロックチェーン技術とオープンプロトコルの統合は、これらのプラットフォームを次のレベルに引き上げ、進化し続けるSNSにおいて、ユーザーにさらなるコントロール、プライバシー、自由を提供する可能性があります。