04 3月 2022 · 0 min read

MetaMaskとOpenSeaがユーザーをブロックし、分散化議論が再び加熱

Source: AdobeStock / sdx15

非可溶性トークン(NFT)マーケットプレイスOpenSeaイーサリアム(ETH)ウォレットMetaMaskの両方が近頃、地理的な場所に基づいてユーザーをブロックしたことから、暗号コミュニティは再び、より急務的に分散化議論に投げ込まれている。

今回議論の発端となった問題は、MetaMaskがユーザーのデフォルトオプションとして依存している米国のブロックチェーン基盤プロバイダーであるInfuraが、警告なしにベネズエラからのユーザーがブラウザベースのウォレットを使用できないようにブロックしたことだ。

何が起こったかについてのInfuraによる説明は、十分に分かりやすいものだった。同社のツイートによると、米国をはじめとする国々から新たな制裁措置が課せられた結果、一部の設定が変更され、"誤って必要以上に広範囲な設定をしてしまった "と主張している。

"何が起こったのかを特定した後、問題を修正することができ、サービスは回復しました。"とツイートは付け加えている。

ベネズエラは米国から一部制裁を受けているが、イラン、北朝鮮、キューバ、シリア、ウクライナのクリミア、ドネツク、ルハンスクといった国ほどではなく、インフーラは以前からアクセスを遮断している。

MetaMaskは独自のコメントで追随し、昨日のツイートで、Infuraの使用がウォレットのデフォルトオプションであるにもかかわらず、この設定は "希望に応じて、または何らかのサービス中断の場合に" 変更できることをユーザーに喚起している。

 

MetaMaskは、デフォルトのエンドポイントとしてInfuraに依存していますが、この設定はユーザーの希望やサービスの中断に備えて、ユーザーが変更することができます。不注意で影響を受けた地域の方々には、このような中断が発生したことを深くお詫び申し上げます。https://t.co/kUxOr7zBe3

- メタマスク 🦊💙 (@MetaMask) 2022年3月3日

Infuraが特定の法域をブラックリスト化したことは、多くの人にとって驚きだったようだ。その中には、暗号市場のアナリストとして知られ、Quantum Economicsの創設者兼CEOでもあるMati Greenspan氏も含まれている。

「MetaMaskにこのようなオプションがあったとは知りませんでした。かなり目から鱗だった」とグリーンスパン氏は最新のニュースレターに書いている。

同様に、人気の暗号インフルエンサーのCobieは、MetaMaskがベネズエラのユーザーをブロックしたというニュースを「非常に遺憾」と言及し、たとえ制限が後に取り除かれたとしても、問題はそれが最初に実装可能であったことだと付け加えた。

OpenSeaもユーザーをブロックしている

MetaMaskのユーザーだけでなく、NFTの有力マーケットプレイスOpenSeaの一部のユーザーも木曜日に、事前通知なしに自分のユーザーアカウントにアクセスできなくなったと述べている。

「私のOpenSeaの取引口座は、何の通知も説明もなく無効化/削除され、他のイランのアーティストやコレクターからも同様の報告がたくさん寄せられています。

"OSは今、国によってユーザーを粛清しているのでしょうか?"

また、同じユーザーが、海外在住のイラン人ユーザーもアカウントが閉鎖されたと報告したことから、「イラン人アカウントの大量粛清」は、地理的な場所だけでなく、国籍にも基づいているようだとも付け加えている

「イタリアとオランダのヨーロッパに住んで13年になる。なぜ私がOpenSeaとMetaMaskの禁止措置の影響を受けたのか、いまだに理解できない」と、以前OpenSeaのブログで紹介されたNFTのアーティスト、Parin Heidariは書いている。

影響を受けているアーティストやクリエイターの方々には本当に申し訳ないのですが、OpenSeaは制裁法に関する厳格なポリシーの適用を受けています。私たちは米国に拠点を置く企業であり、米国の制裁法を遵守しています。つまり、米国の制裁リストに載っている場所の人々がOpenSeaを使用するのをブロックすることが求められているのです。

- オープンシー (@opensea) 2022年3月3日

イランの他のユーザーも議論に参加し、あるユーザーはTwitterでOpenSeaに対し、制裁対象国に対する方針を変更し、"政治家のために一般人やアーティストコミュニティを犠牲にするな "と促した

米国の企業として、「米国の制裁リストに載っている場所の人々がOpenSeaを使うのをブロックすることが求められている」とマーケットプレイスは回答している。

"アーティストをこのような強制から解放してください。これは不公平なだけでなく、とても残酷なことです。”と人気漫画家でNFTの作者でもあるSatish Acharyaは付け加えました。

他のユーザーもOpenSeaの回答に不満を持っており、あるユーザーは "偽の分散型プラットフォーム "と呼び、"真剣に別のものが必要だ "と言っている。

"アーティストをこのような強制から免れてください。これは不公平なだけでなく、とても残酷なことです。Web3は国境や政治的な地図を超えるはずだ”と、人気漫画家でNFTの作者でもあるSatish Acharyaは付け加えている。

インフーラと同様、オープンシーは米国に本拠を置く企業で、米国政府が他国に課した制裁を執行することが義務づけられている。DappRadarによると、この市場はNFTプラットフォームの中で依然として優位を占めており、設立以来227億3000万米ドルの取引高を記録している。

「何が本当に分散型なのか、何が本当に分散型ではないのか、なぜそれが重要なのかが分かる時代です。これは非常に予想できた」と、ビットコイン(BTC)コミュニティの人気者ガイ・スワン氏はツイッターに書き込んだ。

しかし、結論を急ぐことに警告を発する人もおり、チェーンリンク(LINK)コミュニティの人気メンバーであるChainLinkGodは「イーサリアムを中央集権的とレッテル貼りする」ことは "いい加減な考えだ "と述べている

"確かに、デフォルトのMetaMask + Infuraのコンボへの依存は健全ではないが、解決可能な問題だ "と述べた上で、"注目すべきdAppが存在すれば、ビットコインのウォレットでも同じ問題が発生する "と主張している。

____

詳しくはこちら:
- Centralization Caused Most Decentralized Finance Hacks in 2021
- Decentralized dYdX Went Down Due to Reliance on Centralized Cloud Services

- Heavily-Backed DeSo Makes Waves With Controversial Google Login Feature
- Decentralization in Crypto Is a Hard to Measure Ideal

- Facebook, Watch Out! Aave and Twitter's Bluesky Move Towards New Social Media Standard
- Cryptoverse & Busta Rhymes Point Out Flaws in Facebook’s Centralized System

- Why DeFi Isn't Always As Decentralized As You Might Think
- DeFi Is Not a New Concept and Is Misnamed As Decentralized - SEC Chair