米証券取引委員会(SEC) vs. NVIDIA(エヌビディア)、制裁を受けたビットコインミキサー、Bluesky Code、VCがNFTを狙う + その他のニュース

 

暗号資産とブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでダイジェストでお届けします - 今日の暗号ニュースのレーダーの下で飛び交うニュースを調査します。
 

__________

規制に関するニュース

  • 米国証券取引委員会(SEC)は、ハイテク企業のNVIDIA Corporationに対して、「クリプトマイニングが同社のゲーム事業に与える影響に関する不適切な開示 」で告発したことを和解したと発表しました。彼らは、同社がゲーム用に設計され販売されている同社のグラフィックス処理ユニット(GPU)の販売による重要な収益増加の要素として「クリプトマイニング」を開示しなかったと述べ、NVIDIAは排除措置命令と550万米ドルの罰金を支払うことに同意しました。
  • 米国財務省外国資産管理局(OFAC)は、北朝鮮が 「悪質なサイバー活動や盗んだ仮想通貨のマネーロンダリングを支援するために使用している 」とするビットコイン(BTC)ミキサーのBlender制裁しました。この結果、米国内のBlenderの財産はすべてブロックされ、OFACに報告する必要があります。
  • 中国のクリプトマイニングのハードウェアメーカーCanaanは、北京との関係でSECの監視対象になったことを明らかにしました。問題となったのは、Canaanが2021年の年次報告書に監査人を起用したことで、米国公開企業会計監視委員会が十分に検査・調査することができず、同社は外国政府によって「所有または支配」されていないことを証明する書類をSECに提出しなければならないとされています。
  • アルゼンチン共和国中央銀行は、同国の銀行が顧客に対して暗号資産の利用を促進することを禁止したことを発表しました。同声明によると、銀行は中央銀行が規制していないデジタル資産のサービスを提供することを禁止されており、現在規制されているデジタル資産は存在しないため、この動きは事実上の禁止に相当するとのことです。

分散型に関するニュース

  • ソーシャルネットワークTwitterの分散型ソーシャルメディアプロジェクトBlueskyは、最初のコードバッチを公開し、ネットワーク上でのコンテンツモデレーションを表明しています。このプラットフォームは分散型ですが、Blueskyは「モデレーションなしに使えるソーシャルネットワークを持つことは不可能」であるとし、「スピーチ&リーチ 」と名付けられたネットワーク用のモデレーションモデルを構築するつもりであることを明らかにしています。

投資に関するニュース

  • ベンチャーキャピタルのSfermionは、クリプトゲームで使用できる非代替性トークン(NFT)に投資する新しいファンドのために1億米ドルを調達しているとBloombergは報じました
  • 資産運用会社ValkyrieのXBTO Bitcoin Futures FundがSECの認可を取得しました
  • 金融サービス会社のBlockは、2022年第1四半期の総純収益が前年同期比22%減の39億6000万米ドルであったと発表しました。 
    ビットコインの収益が減少したことによります。この期間のビットコイン収益は17億3000万米ドルで、前年同期比51%減となりました。ビットコインの粗利益は4300万米ドルで、ビットコイン収益の約3%であったと付け加えました。
  • ブロックチェーンゲームプラットフォームComethは、将来のゲームとブロックチェーンソフトウェアを開発するために、資金調達ラウンドで1000万米ドルを調達しました。この資金調達ラウンドは、ベンチャーキャピタルのWhite Star Capitalと分散型自律組織(DAO)のStake Capitalが主導したものです。
  • NFTプロトコルのZoraは、Haun Venturesが主導する資金調達ラウンドで5000万米ドルを調達し、6億米ドルの価値が付いたと発表しました。また、元Andreessen Horowitz(a16z)のKatie Haun氏が立ち上げたファンドが主導する最初の資金調達ラウンドであるということです。

セキュリティに関するニュース

  • NFTマーケットプレイスOpenSeaは、何者かが同社の複数のDiscordチャンネルに悪意のあるリンクを投稿したが、攻撃の影響は「限定的」で、影響を受けたウォレットは10未満、盗まれたアイテムは10イーサリアム(27000米ドル)を超えないと発表しています