Cubist社、新しいWallet-as-a-Serviceプラットフォームでウォレット管理を革新

Yamada
| 2 min read

Cubist社、新しいWallet-as-a-Serviceプラットフォ

画像引用先:Pixabay

BlockchainスタートアップのCubist社は、アカウントキーをすぐに利用可能かつ安全にするためのウォレット管理の課題に取り組む、新しい「Wallet-as-a-Service(WaaS)」製品を公式ローンチしました。

Cubist社のプレスリリースによれば、CubeSignerのWaaSは「ユーザーが生のキーへの直接アクセスを与える代わりに、取り消し可能な署名セッションを通じて署名を要求することを可能にする」と述べています。このリリースは、キーマネージャーが「内部の脅威や侵害がある状況でも、キーを常に安全かつ即時に利用可能に保つ」とも続けています。

この発表により、CubeSignerはEthereumのバリデーターのためのキーマネージャーとして稼働中であり、ウォレット、顧客ロイヤリティプログラム、ゲーム、取引および保管プラットフォームなど、ほぼすべてのチェーンで多様なアプリケーションに取り組むチームにアクセスを拡大しています。

CubeSignerは現在、Secp256k1、Ed25519、BLS、およびStark曲線署名をサポートしており、Cubist社はその製品は新しい署名スキームをサポートするために容易に拡張できると述べています。

プロジェクトのウェブサイトは、CubeSignerの「ホットウォレットの速度」と「コールドウォレットのセキュリティ」を強調し、すでにAnkr社、Ava Labs社、およびEverstake社などの企業をクライアントとして含んでいます。

リリースにおいて、Cubist社の共同創設者でCEOのRiad Wahby氏は、「CubeSignerは、誰もが速さ、安全性、そして使いやすさの間で選ばなくてもよいように設計されました。Cubist社のチームが数十年にわたる学術と産業での作業で生産システムを安全に保つための努力の結果、CubeSignerは最高水準のセキュリティでキーを保護します。その柔軟なソーシャルログイン、組み込みのミンティングサービス、強力なキーの復旧、および幅広いチェーンのサポートにより、CubeSignerはWeb3エコシステムにとって量子的な飛躍を代表しています」と述べました。

複数の業種にわたる顧客との協業を経て、CubeSigner の機能は幅広い保管設定をサポートするように進化しました。

顧客は資格のある保管者または受託者を含めることでリスクを軽減でき、組織にとって自己保管が容易になります。 ユーザーは、CubeSignerを使用してWeb2のようなウォレットを作成することもできます。エンドユーザーは自分のキーを制御し、ソーシャルログイン、シードレス のアカウント回復などに使用することも可能です。

最後に、任意のアプリケーションは、1つのキーごとの使用ガイドラインを確立することができます。例えば、重要な取引には二要素認証を義務付けるなどです。そして、各CubeSignerのデプロイメントには、潜在的なセッション侵害、怪しい行動、使用ポリシーに違反する署名要求に対するリアルタイムのモニタリングが含まれています。

3月に、Carnegie Mellon UniversityとUniversity of California San Diegoの計算機科学の教授によって共同設立されたCubistは、Polychain Capitalが主導し、dao5、Amplify Partners、Polygon、Blizzard、Axelarを含むベンチャーキャピタルおよび戦略的投資家からの参加を得て、シードラウンドで700万ドルを調達しました。

そして、同社の最初の製品である非カストディ型のWeb3プライベートキーマネージャーは、その後すぐに4月にリリースされました。プレスリリースによれば、このキーマネージャーは「インフラストラクチャエンジニアリングチームがプライベートキーを安全かつプログラム可能に管理する手助けをする」ように設計されました。

Cubistの非カストディ型キーマネージャーは、バリデーター運営者が自分のキーを安全なハードウェアにロックし、自動化されたトランザクション署名と検証メッセージプロセスのために、キー自体ではなく、短期間で取り消し可能な権限を使用することを可能にします。