暗号の冬は2022年が終わる前に終わる-Korbit社

Tim Alper
| 1 min read
出典: Adobe/kbarzycki

 

韓国の研究者は、暗号の冬は会計年度が終わる前に終わるとしながらも、米国連邦準備制度の米国経済強化の試みは、その間に暗号市場に影響を与え続けることができると考えています。

この調査は国内取引所Korbitが行ったもので、Maeil Kyungjaeが報告しました。取引所の研究ユニットは、ビットコイン(BTC)アルトコインの価格が低水準または停滞することを特徴とする「長引く」暗号の冬がまだ何ヶ月も続くが、現在の会計年度の第4四半期の終わりまでにようやく終わると予想しました。

研究者たちは、過去の暗号の冬の傾向を調べ、2018年後半に始まった低迷と並行することを導き出しました。

Korbitのリサーチユニット長であるJeong Seok-moon氏は、次のように引用されました。

「今回の市場の低迷は、2018年末から2019年初めにかけて市場が経験した「第3の暗号の冬」に似ている。」

Jeong氏は、Fedの「引き締め」金融政策が2018年末にスランプを引き起こしたとの見解を示しました。このスランプは、「暗号資産市場の内部要因によって引き起こされた」1番目と2番目の暗号の冬とは異なると彼は述べました。

そのため、暗号市場の回復の「タイミングを予測する」人は、「FRBの金融政策のスタンスがいつ変わるかもしれない」という予測に注意を払うとよいでしょう、と彼は付け加えました。

Korbitの思想家は、その「変化」が第4四半期に起こると予想しており、今年の第2四半期にインフレが「徐々に緩和」され、ISM製造業指数からさらにポジティブなニュースがもたらされると主張しています。

KorbitのライバルであるBithumbの研究者もこれに同調しました。Hanguk Kyungjae氏はBithumbの自社研究部門の責任者であるLee Mi-sun氏の発言を引用し、FRBの利上げ政策が短期間で終わる可能性が高いと述べました。彼女は、FRBは暦年が終わる前に再び利下げを開始する可能性が高いと説明しました。Lee氏はこう結論づけました。

「ビットコイン価格は今年(暦年)の後半に底を打ち、年末が近づくにつれて安定化の兆しを見せるだろう。」

_____
詳しくはこちら: 
Massive Liquidations Push Ethereum Higher as the Nearing Merge Boosts Sentiment 
Bitcoin Could Fall to USD 13.6K This Year, Panel Says After Adjusting Predictions Once Again

The Coming Recession is Going to Hit Crypto, but Not as Hard as You Think
Wolf of Wall Street Says Bitcoin Investors Will ‘Almost Certainly Profit,’ But What’s His Bitcoin Track Record Like?