暗号通貨の価格が暴落しているのは、水曜日に何が起こるかわからないからです。

Source: AdobeStock / Tryfonov

今週は、暗号通貨市場の大部分が赤字で取引されており、これは主に米国連邦準備銀行の今後の利上げ発表に起因しています。

Yahoo Financeの報告によると、FRB当局は水曜日に終了する2日間の会議で、ベンチマーク政策金利を3回連続で75ベーシスポイント引き上げると予想されています。

暗号資産市場と伝統的な株式市場の両方の投資家は、この発表の影響に備えています。これは特に、8月の予想以上のインフレ数値(消費者物価指数-C PIの8.3%YOY増加)がFRBの金利引き上げについてより悲観的な見方を呼び起こしたためです。

暗号通貨の価格データを集約するCryptoRankのデータによると、時価総額上位10種の暗号通貨はすべて、過去24時間で6~11%の価格下落を記録しています。市場のリーダーであるビットコイン(BTC)は約8%下落し、約18,400ドルで取引されています。

同様に、2番目に大きい暗号資産、イーサ(ETH)は、現在約1290ドルで取引されるように、その日に11%下落しました。現在のETH価格は、イーサリアム・ブロックチェーン・マージイベントの前の週に到達した約1,800ドルの1ヶ月間の最高値から26.1%のドローダウンでもあります。

一方、BNB、XRP、ADA、SOL、DOGEは、執筆時点のデータで、それぞれ1日に約7%、11%、10%、8%、8.5%の下落となっています。

アナリストは依然としてビットコインに期待している

乱高下する市場の動きにもかかわらず、アナリストはビットコインが底を形成しているという考えを捨てていません。暗号資産市場アナリストのDrProfitCryptoは、35,000人以上のTwitterフォロワーに、暗号通貨のパイオニアが「ボトム局面」に入り、2023年3月まで18,000ドルから25,000ドルの間で価格が安定すると予想していることを告げました。

しかし、このアナリストは、この価格の底は、FRBがすでに織り込み済みの75bpsの利上げを発表した場合にのみ維持されるという注意書きを付け加えています。100bpsの利上げが発表されれば、市場はさらに血を流すことになります。

CMEグループのFedWatch Toolのデータによると、100bpsの利上げ発表は20%の確率でしか発生しません。それにもかかわらず、TIMEが照合したデータによると、暗号資産市場はFedの利上げ発表の余波で急降下した歴史があることがわかります。

3月、5月、6月のFRB利上げでは、いずれもBTCの価格が少なくとも10%下落しました。7月のFRB会合後の下落はそれほど深刻ではなかったとTIMEのレポートは指摘しています。