仮想通貨マイナーのMarathon Digital、ハイブリッド株式募集で7億5000万ドルの調達を計画

仮想通貨マイナーのMarathon Digital、ハイブリッド株式募

画像引用先:agnormark/Adobe

仮想通貨マイニング会社Marathon Digitalは、ハイブリッド株式の提供を通じて最大7億5,000万ドルを調達する計画を発表しました。

同社は米国証券取引委員会に提出した最近の提出書類の中で、今回の売却で得た資金を最先端の採掘設備への投資と操業能力の拡大に使用する計画だと述べています。

Nasdaq取引所で「MARA」というティッカーシンボルで取引されているMarathon Digitalは、最近のビットコイン価格の高騰の恩恵を受け、市場で波紋を広げています。

また、同社は9月30日の時点でm13,726ビットコインという驚異的な量のビットコインを保有。毎月1,000ビットコイン以上を生成していました。

今週、Marathon Digitalの株価が23%という顕著な急騰を経験し、同様の期間内でのビットコインの12%上昇を反映していることは注目に値するでしょう。

一方で、最近の上昇にも関わらず、Marathon Digitalの株価は依然として2023年7月初めのピークである19ドルから50%割引で取引されています。

しかしながら、同社は来月2023年11月に、2023年第3四半期決算を発表する予定であるため、市場の期待は依然として高いです。

前四半期、Marathon Digitalは収益が3倍に増加し、8,000万ドルを超えました。

さらに、同社は損失を縮小することに成功しており、この好調な傾向は今後も続くと予想されています。

ビットコインマイナー、価格急騰の恩恵を受ける


多くのビットコインマイナーたちは、最近の価格急騰を利用して、保有株を売却しています。

年初から一貫して急騰してきた主力の仮想通貨は、年初来(年初来)で80%以上上昇。

本稿執筆時点で、BTCは約34,100ドルで取引されており、過去1日ほぼ横ばいとなっています。

しかし、CoinMarketCapのデータによると、主要な仮想通貨は過去1週間で20%以上、先月では30%以上上昇しました。

一方、マイナーは最近の財政的挫折と、仮想通貨マイニングの環境への影響に対する懸念の高まりの中で、コストを削減し、持続可能な運営を行うための革新的な方法を模索しています。

ビットコインのマイニングはエネルギーを大量に消費するプロセスであり、電力がマイニング作業の最大の費用となります。

この問題に対処するために、マイニング会社は収益性と競争力を維持するために低コストの電源を求めており、費用対効果と環境上の利点から再生可能エネルギーが優先される選択肢となっています。