`
. 0 min read

ビットコインとBinance Coinを筆頭に、暗号市場のセンチメントが上昇

先週の上向きの変化に続き、市場センチメントも上昇を続けている。市場センチメント分析サービスOmenicsのデータによると、主要10コインの7日移動暗号市場センチメントスコア(sentscore)の平均値は5.71で、1週間前の4.88から上昇しています。さらに、上位10コインのうち2コインがすでにプラスになっており、全体のセンツコアは再びプラスに近づいています。

出典: iStock/honglouwawa

この1週間で市場のセンチメントは顕著に回復し、最も人気のある2つのコインがプラスゾーンに入りました。ビットコイン(BTC)がスコア7で首位に立ち、イーサリアム(ETH)が6.7で接近しています。それだけではありません。米ドルコイン(USDC)だけがスコア5を下回り、残りの7つのコインはすべてスコア5.1~5.9の範囲内に収まっており、これも先週と比べて大きな変化です。

このリストは、3%下落したUSDCを除いて、先週、それぞれのスコアが上昇しており、ほぼすべてが2桁の上昇となっています。その中で最も高いのはbinance coin(BNB)の27%で、XRPが26%でそれに続いています。また、BTCとETHも20%を超える上昇率を示しています。

次のカテゴリーは、セントスコアの上昇率が10%を超えるもので、カルダノ(ADA)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)ユニスワップ(UNI)などがあります。10%未満の上昇は、ほぼ4%のtether(USDT)のみ。

 

上位10コインのセンチメント変化*:
センツスコアの尺度を解釈すると
– 0~2.5:非常にネガティブ
– 2~3.9:ややネガティブゾーン
– 4~5.9:ニュートラル・ゾーン
– 6~7.49:ややポジティブ・ゾーン
– 7.5~10:非常にポジティブなゾーン

出典: Omenics, 10:58 UTC

過去24時間だけを見ても、5つのコインがプラスになっており、さらに良い状況になっています。BTCとETHの他に、LINK、ADA、UNIもプラスになっています。USDCは未だに5を下回っている唯一のコインですが、これも4.9と非常に近い値になっています。その一方で、今日は3つのコインのスコアが低下しており、BTCの-2.2%がその一例です。他の2つは、USDT(-2%)とETH(-0.7%)です。上昇率が最も高いのはADAの6%、最も低いのはXRPの0.5%です。上位10コインの24時間全体のセンツスコアは、先週月曜日の5.39に対し、現在5.94で、プラスゾーンのすぐ下にあります。

過去1ヶ月間のデイリービットコインセントコアの変化:

出典: Omenics

Omenicsが追跡しているリストの残りの部分、つまりトップ10リスト以外の25枚のコインからは、さらに良いニュースがあります。これらのコインはすべて、過去7日間で緑色に変わりました。最も高い上昇率を示したのは、数週間にわたってトップ10リストに入っていたライトコイン(LTC)の32%で、現在は11位に位置しています。注目すべきは、さらに19のコインが2桁の増加を記録したことで、残りの5つのコインの中で、つまりリスト全体の中で最も小さかったのは、compound(COMP)の1%でした。さらに、ネガティブゾーンのコインがなくなり、ポジティブゾーンのコインが1枚(AAVE)、スコアが5以下のコインが5枚となり、大半が5~5.9の範囲に収まっていることがわかります。

____

* – 方法論:

Omenicsは、独自のアルゴリズムに基づいて、ニュース、ソーシャルメディア、テクニカル分析、バイラルトレンド、コインのファンダメンタルズからセンチメントを集約したセントスコアを計算することで、市場のセンチメントを測定しています。
同社のウェブサイトによると、「Omenicsは、トレンドとなっているニュース記事やソーシャルメディアのバイラル投稿をオールインワンのデータプラットフォームに集約し、コンテンツのセンチメントを分析することもできます」と説明されており、その後、「Omenicsは、ニュースとソーシャルメディアからの2つのセンチメント指標に、テクニカル分析、コインのファンダメンタルズ、バズの3つのバーティカル指標を加えて、各コインの一般的な見通しを報告するセンツスコアを算出します」と付け加えられています。今のところ、35のクリプトアセットを評価しています。