仮想通貨に友好的なMcHenry下院議員が議長に就任 – 最新情報はこちら

patrick-mchenry

画像引用先:Video screenshot/Circle.com

暗号通貨に友好的な立場のPatrick McHenry議員が、Kevin McCarthy氏が議会によって罷免された後、米国下院議長の役割を一時的に引き継ぎました。

火曜日に、McCarthy氏は下院での投票により下院議長の地位から投票で罷免され、これは歴史上初めての現職議長の成功した罷免となりました。

特筆すべきことに、McCarthy氏は共和党員として暗号通貨に友好的な立場で知られています。

彼は以前、ビットコインに対する好意を表明し、暗号通貨の分散化の側面を支持していました。

2019年、FTX社やCelsius社、BlockFi社といった貸し手が崩壊する前に、彼はブロックチェーン技術が金融業界のセキュリティを革命的に変える可能性を称賛していました。

そして今回、McCarthy氏の役割を引き継ぐ形で、Patrick McHenry議員は議長代行の役割を引き継ぐことになります。

McHenry氏もまた、暗号通貨に対して友好的な立場を示し、デジタルアセット法案を監督する委員会を議長として指導しています。

7月には、デジタル資産法に関する初の立法マークアップに議会が着手するなか、アメリカの技術革新と消費者保護の重要性を強調した。

さらに、McHenry氏はGrayscaleの裁定を支持し、Prometheumの特別目的ブローカーディーラー承認の時期について疑問を呈しています。

最近では、彼はステーブルコイン規制を進める決意を再度強調し、それをBiden大統領の机に持っていくことを目指しているとも述べました。

ステーブルコイン法案の整理セッション中、彼はホワイトハウスが妥協する意思がないことに失望を表明し、これが交渉を停止させました。

下院が前進するにつれて、McCarthy氏の正式な後任はまだ決まっておらず、新しい議長を選出する必要があります。

Gaetz氏は、下院多数党院内幹事Tom Emmer氏を公然と支持しています。

複数の暗号関連法案が採決を待つ


7月には、下院金融サービス委員会の議員たちがいくつかの暗号通貨に焦点を当てた法案を支持して投票。

21世紀の金融イノベーションとテクノロジー法(FIT)、ブロックチェーン規制確実性法、支払いステーブルコイン法の明確化、およびコインを保持する法は、委員会によって可決されたより注目すべき法案の中にあり、支持を集めました。

これらの法案は、現行の議会セッション中に下院での採決にかけられる可能性があります。

報告されたように、米国上院は土曜日の夕方、政府の閉鎖を防ぐための真夜中の締め切りのわずか3時間前に、超党派の法案を可決しました。

88対9の投票で圧倒的な支持を受けたこの法案は、11月17日までの45日間、政府に資金提供します。

当時、McCarthy氏は、彼の党内の極右派からの反対のため、可決のために民主党の票を頼る必要がありました。

承認を確保するため、議長は435人の下院で約290票に相当する、3分の2の超多数が必要な投票プロセスを実施しました。