暗号取引所Woo、3ACが取得した自社株の買戻しを計画 – レポート

adobe

画像引用先:Adobe/Christophe Fouquin

暗号通貨取引所WOOは、失敗したヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)によって取得された株式とトークンを成功裏に取り戻したと、10月6日に取引所が確認しました。

3ACは、2021年11月に行われたWOOのシリーズAの資金調達ラウンドで最大の投資家だったと考えられています。 WOOはまた、現在は機能していないヘッジファンドの株式を取消し、他の全ての株主の所有権を増加させることに同意しました。

この和解には、WOOによって20Mトークンが買い戻され、焼却されると取引所は公式発表で述べています。

この動きは「WOOエコシステムから3ACに関する不確実性を解消する」とWOOの共同創設者であるJack Tan氏は指摘しています。

“私たちは積極的に協力し、公平な取引で株式を買い戻し、3ACの遺産から既に付与されたトークンと今後付与されるトークンの両方を取得するために、清算業者と協力しました”

3ACは2,500万WOOトークンとともに株式を購入し、残りは今後12ヶ月で権利が確定する予定でした。

さらにTan氏は、取引所がパートナーとチームを再構築することを検討しており、3ACからの株式とトークンの買い戻しにより、来年に向けて「集中した成長軌道」にエコシステムを位置づけていると述べています。

資金調達ラウンド


WOOネットワークは、2021年11月に様々な投資家からシリーズAラウンドで3,000万ドルの資金調達を実施。

この資金調達ラウンドには、Crypto.com Capital、Avalanche Asia Star Fund(AVATAR)、AscendEX、LBank、Fenbushi Capital、BitMartなど、他の投資家も参加しました。

また、WOOは当時、資金を使用してポーランドのワルシャワに研究開発オフィスを設立すると述べていました。