新しい仮想通貨カジノInsanity Bets(IBET)がプレセール進行中

Yamamoto
Yamamoto | 監修: Shunsuke S.
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

暗号カジノで注目されるInsanity Bets

暗号資産(仮想通貨)市場では近年、カジノゲームが誕生しています。この仮想通貨カジノ市場は、人気が急増しており、多くの投資家から注目が集まっています。

中でも、新しい仮想通貨カジノゲームプラットフォームであるInsanity Bets(IBET)が大きな注目を集め、今後の爆伸びに備えたい投資家がプレセールへ参加し、カジノ体験を楽しむことを待ち望んでいます。

本記事では、Insanity Betsの概要や機能を見ていきます。

なぜ仮想通貨カジノInsanity Betsが注目されるのか?


IBETを中心としたエコシステム

Insanity Betsは、他の典型的な仮想通貨カジノと大きな差別化を図っています。なぜなら、賭けを楽しみたい投資家にとっても、安定した利回り収入が欲しい投資家にとっても、魅力的な機能を備えているからです。

エコシステム全体は、IBETとILPという2つのトークンを中心に展開されており、プラットホーム収益の85%がコミュニティに再分配される仕組みとなっています。

まずIBETは、購入するとトークンをステーキングするかバーンするか選択ができ、両方において報酬が発生します(仕組みは後述)。

ILPは、USDTを使用してトークンをミントすることができ、プラットホーム収益を得ることができます。

このようにInsanity Betsは、DeFiとCasinoFiを統合することで、年間約2310億ドルの収益を叩き出す伝統的なカジノ業界への挑戦者として、オンラインカジノで約620億ドルの収益を出しています。

またInsanity Bets人気を後押ししてるのは、開発者がかんたんに自作ゲームをプラットフォームへ統合できるところです。古典的なスロットからPlinkoのような複数プレイヤー用ゲームまで、多様な選択肢を提供します。

IBETトークンの仕組み


こちらでは、Insanity Betsエコシステム全体の鍵となるIBETトークンについてさらに深掘りしていきます。

前述のようにIBETトークンは、購入するとステーキングまたはバーンに利用することができます。そうすることで、取引手数料、ILP手数料、ゲーム勝者の手数料の85%が利回りとして配られます。

内訳としては、35%はステーカーに割り当てられ、50%はバーンする人に割り当てられます。

ILPトークンにおいては、ユーザーがUSDTを使用してミントすることで、プレイヤーの賭けで発生した手数料の90%が配れます。

IBETトークンはプラットホームを支える貢献者として、ILPトークンはプラットホームへの参加者として利用されるイメージです。

多様なゲームを提供しており、それぞれがChainlinkのVRF NRGを使い品質基準を満たしたもののみリストされています。

また、SolidProofとCyberScopeによる監査を受けており、Insanity Betsの信頼性を担保していると考えられるでしゃう。

現在IBETトークンのプレセールが開催中であり、1枚あたり0.001ドルで購入ができます。その後、0.0015ドル、0.002ドルと値上げしていき、0.018ドルで上場していく予定です。

総トークン供給量は50億枚となっており、以下の内訳で割り当てされています。

  • 50%(25億):プレセール
  • 30%(15億):チーム
  • 10%(5億):流動性
  • 5%(2.5億):取引所
  • 5%(2.5億):エアドロップ

まとめ


ここまで見てきたように、仮想通貨カジノInsanity Betsは実用性を提供しながら、仮想通貨領域の成長も支援していく可能性があります。

また、トークン設計においても、投資家に魅力的なユーティリティを提供しています。

これから伸びる仮想通貨カジノ業界で先駆者となるであろうInsanity Betsに興味のある方は、以下リンクからプロジェクト詳細をのぞいてみましょう。