Coinbaseが破綻したステーブルコインで訴えられるが、USTではないという(まだ)

出典: Adobe/zimmytws

 

3番目に大きいステーブルコイン、terraUSD(UST)が崩壊した時点で、Coinbaseの顧客のグループは、原告が主張する別のステーブルコイン、GYENのプロモーションと取引におけるその疑惑の役割について暗号取引所を訴えており、彼らに数百万ドルの損失をもたらしました。

CoinbaseとGYENの発行者は、今週カリフォルニア州北部の連邦裁判所に提出された集団訴訟の訴状案に示されるように、トークンの安定性について投資家を誤解させたとして非難されている、とBloombergは報じています

日本のGMO-Z.com Trust株式会社によって発行されたGYENは、その価格が日本の通貨JPYの価値に固定されていました。しかし、原告側は、昨年11月に Coinbase がこのステーブルコインを顧客に提供し始めると、このコインは「すぐに円から解き放たれた」と主張しています。

訴えによると、投資家はコインの価値が宣伝通り円と等しいと信じていましたが、購入していたトークンは円の最大7倍の価値がありました。

コインの価格が暴落し、取引所が取引停止を決定すると、「多くの顧客が資産を売却することを制限し、被害を拡大させた」のだといいます。

「残念なことに保証がない、[Coinbase]は私たちの$ GYENのお金を盗んで、誰も気にしない 」と、ユーザーGYEN+coinbasevictimは昨年12月にTwitterで主張しました。

一方、Coinbaseは、今週崩壊し、現在0.1米ドルを下回って取引されているUSTアルゴリズムステーブルコインもサポートしています。 
_____
詳しくはこちら: 
- Terra Blockchain Halted Again as Validators Search for ‘Plan to Reconstitute It’, Binance CEO 'Very Disappointed' 
- New Coinbase Disclosure Reminds Bitcoin & Crypto Owners: 'Not your Keys, Not your Coins'