Coinbase(コインベース)、市場低迷と業績悪化で採用計画を遅らせる

Source: AdobeStock / Rafael Henrique

 

暗号資産市場の進行中の下降は、暗号資産取引所Coinbaseが今年の新しい雇用の創出に関して拡張計画を減速させると発表した、いくつかの主要な業界プレーヤーによる雇用計画の変更を引き起こしています。最新の開発は、2022年の第1四半期の不本意な財務結果を発表したことを受けて行われました。

Coinbaseの社長兼最高執行責任者(COO)のEmilie Choi氏は声明で、『今年に向け、同社は規模を3倍にする計画だったが、現在の市場状況を考慮し、「採用を遅らせ、当社の最優先の事業目標に対して人員ニーズを再評価することが賢明であると感じている」と述べた』といいます。

Choi氏いわく、「従業員数の増加は当社の財務モデルへの重要なインプットであり、これは当社が計画したシナリオ、特に当社が目指す潜在的な調整後EBITDA [earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization](金利・税金・減価償却前利益)に対して確実に事業を管理するための重要な行動です。」

最近の動きが「混乱した時期」をもたらし、現在進行中のような市場の悪化が懸念を呼び起こす可能性があることを認めながらも、Choi氏は、取引所がさまざまな市場のシナリオに備え、現在その一部を実践していると主張しました。

「このダウンサイクルから今よりもっと強く抜け出せるよう、リソースの優先順位を厳密に決めるという重要な決断をしました」と同幹部は述べました。

他の業界大手が近い将来、同様の発表を行うかどうかはまだわかりません。

進行中の市場の減速が今年以降のBinanceの雇用計画に与える潜在的な影響について尋ねられた、暗号資産取引所のヨーロッパ向けPRディレクター、Simon Matthews氏は、「(彼らの)雇用計画へのいかなる影響も知りません」とCryptonews.comに語りました。

さらに、2022年第1四半期に関する取引所の株主書簡によると、Coinbaseは今年第1四半期を約920万人の月間取引ユーザー(MTU)で終え、その前の3ヶ月間の1140万人から減少し、また総取引量は3090億米ドルで、昨年第4四半期の5470億米ドルから減少しました。

こうした期待外れの結果が引き金となり、同社の四半期利益は、2021年第4四半期の840百万米ドルの純益に対し、430百万米ドルの純損益に落ち込んでいます。

____

詳しくはこちら: 
- After a Rough First Quarter, Coinbase Expects This One to Be Even Slower
- Coinbase Plays Web3 Card, BitMEX Launches Spot Trading in Race for New Customers and Revenues

- Coinbase Sued Over Collapsed Stablecoin, but It's Not UST (Yet)
- Two Clues for When Bitcoin Downturn Might End