07 10月 2021 · 0 min read

コインレース:9月とQ3の上位入賞者と下位入賞者、DeFiは上昇、取引所は下落

Source: AdobeStock/soupstock

もう10月に入り、世界は9月も第3四半期も終わってしまいました。そして予想通り、この四半期には暗号空間でさまざまなことが起こりました。

7月は、月の前半に下落や横ばいの取引があったものの、暗号市場全体では緑の月となりました。第1位の暗号通貨であるビットコイン(BTC)を見ると、今月は約35,600米ドルで始まり、約42,000米ドルで終わりました。

7月は、ビットコインネットワークのTaprootアップグレードと、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのLondonアップグレードのテストが開始され、話題となったEIP-1559が導入されました。

また、8月は暗号市場にとっても良い月となり、時価総額上位100種のコインのほぼすべてが、1ヶ月間で緑色になりました。興味深いことに、この月は投資家の関心がビットコインから分散型金融(DeFi)や非ファンジブル・トークン(NFT)の世界に移ったことも特徴的でした。

一方、9月は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として導入したことや、中国が再び暗号を禁止したことが話題になりました。

また、価格に関しては、9月は今期唯一、ビットコイン価格が著しく下落した月であり、月初の47,000米ドル強から、この記事を書いている時点では43,489米ドルまで下落しました。しかし、今日、BTCとその他の市場は急激に上昇しました。

9月およびQ3の上位10コイン

9月の時価総額上位10コインは、ソラナ(SOL)が44%以上、ポルカドット(DOT)が11%以上上昇したという特筆すべき例外を除き、総じて低い水準で終了しました。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

これらの資産はいずれもスマートコントラクトプラットフォームのネイティブトークンであり、Ethereumの優位性にますます挑戦していますが、Ethereumの高い取引手数料が原因で、特にDeFiユーザーの多くが代替チェーンに移行しています。

今月のSOLとDOTの上昇は、8月に入ってからの2つのトークンの力強い上昇に続くものです。しかし、8月にはこの2つのトークンに加えてカルダノ(ADA)も上昇していたが、今月は緑にとどまることができなかった。

四半期全体では、ビットコインは7月1日の35,000米ドル強から今日の43,489米ドルまで、約25%(約9,000米ドル)の上昇となりました。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

しかし、ビットコインが記録した利益は、今期の明確な勝者であるSOLに比べてごくわずかなものでした。この四半期において、SOLは310%という驚異的な上昇を見せ、時価総額上位10位以内のすべてのトークンをはるかに凌駕しました.

9月と第3四半期のトップ50からのベスト

時価総額上位50位までのコインを少し拡大して見てみると、トップパフォーマーの構成がかなり違っていることがわかります。この月のトップパフォーマーとしては、DeFiに特化したスマートコントラクトプラットフォームであるfantom(FTM)が105%以上の上昇で際立っています。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

このトークンには、イーサリアムのスケーリングソリューション「OMGネットワーク」のネイティブトークンであるOMGと、最近取引量が急増しているイーサリアムベースの同名の分散型取引所のネイティブトークンであるDYDXが僅差で続いています。

Q3では、ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のAXSトークンが、リストの2番目のコインである「Terra」のLUNAトークンの2倍以上の利益を上げて、簡単にトップになりました。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

AXSトークンは、7月と8月の大規模な上昇に助けられ、四半期で1,388%上昇しました。これは、ゲーム開発会社がいくつかの重要なマイルストーンを達成したためです。

9月と第3四半期の上位50社のワースト記録

時価総額の大きい50のコインのうち、いくつかのコインも赤で月末を迎えたが、これらのコインの価格パフォーマンスの差はあまり大きくない。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

この中で注目すべきは、ミームトークンであるdogecoin(DOGE)で、月初から28.5%低い0.20米ドルで終了しました。この下落は、5月初旬につけた史上最高値0.74米ドルを境に始まった大きな下落トレンドを再開したことによるものです。

また、OKExの取引所トークンであるOKBの下落も興味深い。OKBは今月初め、中国があらゆる暗号を再び取り締まっているというニュースを受けて、Huobiのhuobiトークン(HT)とともに下落した。

四半期全体で最も成績が悪かったコインを見ると、9月の成績が悪かったコインと同じものがいくつか見られます。

Source: Omenics.com, October 1, 3:30 UTC

第3四半期には、Thetaトークン(THETA)が26%以上の下落を記録しました。時価総額で32位にランクインしたこのトークンは、同名のビデオストリーミング・ブロックチェーンネットワークのネイティブトークンであり、ユーザーが帯域幅とコンピューティングパワーをピアツーピアで共有することを目的に構築されています。

また、Binance Smart Chain上の分散型取引所として構築された2つのDeFiプロトコルPancakeSwap(CAKE)と、Ethereumベースの貸し借りプラットフォームであるAave(AAVE)のトークンが、ともに約25%下落したことも注目に値します。

9月と第3四半期のトップ100からのベスト

時価総額上位100位までのすべてのコインをカバーするためにさらにズームアウトしてみると、FTM、OMG、DYDXなど、先ほどと同じようにいくつかの勝者を見ることができます。

しかし、このリストには、過去1カ月間に好成績を収めたあまり知られていないコインも含まれています。その中には、NFTマーケットプレイスECOMIに属するトークンOMIが月間で79%上昇したことや、スマートコントラクトプラットフォームAlgorandのALGOトークンが55%上昇したことなどがあります。

四半期では、ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のAXSトークンが再び明確な勝者として目立ちました。さらに、このリストは、トップ50からのベストパフォーマーのリストとほぼ同じですが、エルロンド・エゴルド(EGLD)とテゾス(XTZ)の2つの顕著な例外があります。

これらのうち、EGLDは四半期で150%上昇し、XTZは114%近く上昇しました。

9月とQ3の上位100社のワースト

中国政府がかつて隆盛を誇った中国の暗号産業に最新の釘を打ち込んだことが影響したのか、HTが月のパフォーマンスを最も悪くして目立っていました。

Huobiトークンは月間で43%下落し、続いてdecred(DCR)、enjin coin(ENJ)、maker(MKR)がそれぞれ40%、38%、36%下落しました。

四半期全体に範囲を広げると、Thetaブロックチェーンが最近苦境に立たされていることが明らかになり、THETAとtheta fuel (TFUEL)の両方が四半期で26%から36%下落しています。

____

もっと詳しく:
- 'Extreme Volatility' Expected as Bitcoin Investors Learn to Value It
- Bitcoin Price to Face Another Test as Central Banks Eye Rate Hikes 

- Trading Volumes Collapse at Most S Korean Crypto Exchanges, New Restrictions Confirmed
- Cardano Gives More Info on Stablecoin & New Partnerships, ADA Drops

- Solana Gets More Investments Than Ethereum
- DYDX Soars as Protocol Sees Trading Volume Double That of Coinbase

- Axie Infinity Token Rises as Platform Introduces Staking Rewards
- OKEx and Huobi Tokens Try to Recover as Chinese Ban Takes Effect