CMCC Global、アジアのスタートアップに焦点を当てたブロックチェーンファンドに1億ドルを投じる

CMCC Global、アジアのスタートアップに焦点を当てたブロック

画像引用先:Pexels

アジアを拠点とするブロックチェーンベンチャーキャピタル(VC)ファーム、CMCC Global社は、Titan Fundの立ち上げを発表。地域のブロックチェーンスタートアップを支援するために1億ドルを拠出することを決定しました。

2016年設立のCMCC Global社は、ブロックチェーンエコシステムに完全に焦点を当てた最初のアジアのVCファームの一つです。

公式X(旧Twitter)ページで発表したところによると、同社はファンドが最初に焦点を当てる地域が香港になると明らかにし、そこから他のアジアのハブ、さらには世界に拡大していくと述べました。

しかし、CMCC Global社はTitan Fundの唯一の投資家ではありません。

共同創設者Martin Baumann氏がSouth China Morning Post(SCMP)に共有したアップデートによると、GeminiのWinklevoss Twinsが所有するWinklevoss Capital社とAnimoca Brands社も、ブロックチェーンファンドへの主要な貢献者です。

他にも、Block.one社、Pacific Century Group社、Jebsen Capital社など、他30社がTitan Fundの主要なプレイヤーです。

Baumann氏は、ブロックチェーンファンドが、初期段階のブロックチェーンインフラストラクチャ企業、消費者向けアプリケーション、暗号金融サービスへの株式投資を提供すると述べました。

さらに、CMCC Global社は過去数年間にわたり、暗号VCの世界において重要なプレイヤーであり続けています。

投資会社は、香港拠点の暗号企業Animoca Brands社と強いつながりを持っています。同社は最近、新しく取得された非代替可能トークン(NFT)エコシステム、Mocaverseへの2000万ドルの投資ラウンドに参加しました。

また、VC企業である同社は2023年8月に、Web3に特化したサービス企業であるTerminal 3のプレシードファンディングラウンドにも参加しました。

香港にどれくらいの100百万ドルが投入されるかについて問われた際、Baumann氏はその数字はまだ確定していないと述べました。

代わりに、アジア地域との強いつながりが、他の場所ではなく、そこで新しいファンド運用を開始する理由となっています。

アジアを最優先とするVC企業であるにもかかわらず、CMCC Global社はそのグローバルなロードマップの拡大を継続。同社は現在、北アメリカとヨーロッパで運営を行っています。

VCの資金が70%減少


世界的に、暗号通貨関連ビジネスへ注入される資本の量は劇的に減少しています。

RootDataによって作成されたダッシュボードによると、暗号通貨空間への投資額は、365日のロードマップで70%減少。

文脈を提供するために、RootDataは、2022年6月の149回のラウンドで10億8000万ドル以上が2023年6月には83のプロジェクトによって生み出された520百万ドルに落ち込んだと述べました。

VCの資金が70%減少

最近のデータによれば、過去90日間で16.9億ドル相当の166の投資ラウンドが行われました。ただし、この数字は前年同期と比較して10.2%減少しています。

暗号通貨セクターへの関心の減少は、イノベーションの欠如に起因するものではありません。それはむしろ、厳格な規制環境と、それに続く市場の低迷が、この新興産業に打撃を与えたことから来ています。

世界中の多くの政府がますます慎重になっている一方で、香港政府は2022年10月に立場を修正して異なるアプローチを取りました。

この変更を受けて、自国で反対に直面している多くの暗号通貨ビジネスが、そこへの移転を選んでいます。