中国の銀行、デジタル人民元によるサプライチェーン金融ソリューションを展開

Yamada
| 2 min read

adobestock

画像引用先:J_News_photo/Adobe

さらに多くの中国の銀行が、デジタル人民元を利用したスマートコントラクトを自らの業務に使用したいと考えており、サプライチェーンの資金調達にCBDCを使用することを望んでいます。

新華社(People’s Daily経由)によると、中国農業銀行は、四川省泸州市に拠点を置く伝統的なアルコール蒸留所である泸州老窖社と共にソリューションに取り組む予定です。

中国の銀行、デジタル人民元によ

画像引用先:Hwuongkom Yueiompua [CC BY-SA 4.0]

これらの企業は、北京で開催された2023年中国デジタルファイナンスフォーラムで、CBDCベースのソリューションを展示しました。

泸州老窖社は、全国のディーラーと仕事をする際に、CBDC駆動のソリューションが解決に役立つ「3つの」サプライチェーン関連の「困難」に直面していると説明。

具体的には、小規模およびマイクロ企業の融資の入手が困難であること、銀行の貸付資金の監督に問題があること、そして「下流ディーラー」に関連する問題についてです。

銀行は、中国人民銀行(PBoC)のデジタル通貨研究所が開発した、デジタル人民元スマートテクノロジーを使用していると述べています。

そしてこれは、農業銀行は「デジタル人民元スマートコントラクトサプライチェーン」製品を開発するのに役立ちました。

また、この製品は地域の泸州老窖社の関連会社に「便利な融資サービス」を提供すると報告されています。

企業によると、このソリューションにより、蒸留所のアウトレットは「数分以内に融資資金を入手できる」ようになります。

一方、銀行は、資金が「クローズドループ」システムに留まることを確認することで利益を得ることが可能です。

資金は完全に追跡可能であり、支払いは自動的に完了すると、関係者は主張しています。

中国:銀行がサプライチェーン融資にデジタル人民元を活用へ


農業銀行は、そのソリューションが「企業の運営と管理に(有意義な)強力なデータサポート」を提供し、「蘆州老角の販売ネットワークの迅速な発展に役立つ」と述べました。

銀行がサプライチェーン

画像引用先:soramimi [CC BY-SA 4.0]

銀行は、「中国人民銀行の指導の下で、デジタル人民元の利点を引き続き活用する」と述べています。

また、e-CNYスマートコントラクトの使用を拡大し、「企業に力を与える」ことを続けると話しています。

銀行はまた、「政府機関、企業、研究者」とデジタル法定通貨を使用する予定です。

9月には、国営の中国郵政貯蓄銀行が「正式に」デジタルCNYスマートコントラクトを使用する国内初の「前払い製品」を共同で立ち上げました。

そして今月初め、中国のテクノロジー企業テンセントが、小規模、中規模、マイクロ規模企業向けのデジタル人民元スマートコントラクトオファリングの立ち上げを発表しました。