. 0 min read

Changpeng Zhao氏の純資産、Binanceの規制問題により82%急落

Changpeng Zhao氏の純資産、Binanceの規制問題により82%急落

画像引用先:a video screenshot, Entrepreneur ME/YouTube

BinanceのCEOで共同創設者であるChangpeng Zhao氏は、取引量の低下により彼の純資産が減少するなど、市場から個人的な打撃を受けています。

10月26日に発表されたBloomberg Billionaire Indexによると、Zhao氏の純資産は119億ドル減少し、昨年初めの969億ドルのポートフォリオから大幅に減少しました。

かつて世界で最も裕福なリストの11位にランクされていたこの暗号通貨のボスは、現在173億ドルの純資産を持ち、95位に位置しています。

一方で、崩壊した暗号通貨取引所FTXの元CEOで、当時Binanceと競争していたSam Bankman-Fried氏は、かつて160億ドルと称された純資産をゼロにまで減らしています。

Bankman-Fried氏は現在、2022年11月のFTXの崩壊に関与した彼の役割について、刑事および民事裁判に直面しており、その結果市場から何十億ドルもの資金が失われました。

Zhao氏とBinance、厳しい道のりに直面


Zhao氏の純資産の減少は、アメリカ合衆国および世界の当局からのデジタル資産取引所に対する再度の規制監視により、Binance社の取引量が38%減少したことに関連していると言えます。

Bloombergは、CoinGeckoやCoinpaprikaのデータを使用し、2023年10月までのBinanceのスポット取引およびデリバティブ取引の量、およびウェブサイトに掲載されている手数料に基づいて、Zhao氏の純資産を算出しました。

取引量で最大の取引所であり、1億5000万人のユーザーを誇るBinanceは、競合他社であるFTXが落ちた後でも、7か月連続でシェアが減少しました。

複数のオブザーバーによると、取引量の減少は主に、市場のあらゆる側面に影響を与え、複数の破産と鉱山労働者の不足につながっている長引く暗号通貨の冬のせいだとされています。

2022年1月には、Binanceの取引量は55%を超え、前年の強気の勢いを受けて、ビットコイン(BTC)の価格は64,000ドルを超える高騰を見せました。

Binanceと規制


最近、取引所は未登録の証券への取引サービスの提供、不適切な登録、ユーザー資産の混合、および米国市場に未登録のデリバティブをマーケティングしたとされる行為により、証券取引委員会(SEC)および商品先物取引委員会(CFTC)から訴訟を起こされています。

取引所が主張を否定しているにもかかわらず、ユーザーは会社からのトップエグゼクティブの退社やロシア市場からの撤退によって高まった規制アプローチに対して懐疑的です。

取引所の米国法人であるBinance.USは、直近に打撃を受け、取引量が昨年の数字と比較して減少しています。Zhao氏は会社の86%の株式を保有していると報告されています。

訴訟の後、会社はドル取引のサポートを撤回し、それによってZhao氏の財産から10億ドルが失われました。


おすすめ